Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

群馬県高野連が独自大会 来月18日開幕 4球場で1日2試合 61チーム参加へ 球児「最後の夏」意気

配信

上毛新聞

 群馬県高野連は20日、前橋工業高で加盟校を集めた評議員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった今夏の全国高校野球選手権群馬大会に代わる「2020年県高校野球大会」を開催することを決めた。会期は7月18日~8月10日で、トーナメント方式で67校61チームが優勝を争う。7月4日に各校の顧問が集まり、同校で組み合わせ抽選会を実施する。

◎ベンチ入り5人増、開会式せず原則無観客に

 大会は「高校野球部活動の総決算」と位置付け、公式戦として扱う。開会式は行わない。開催は、県指針に基づく4段階の警戒度1が維持されることなどが条件となる。

 日程は7月18、19日と23~26日、8月1~10日。今月13日の部活動再開から4週間以上空けることで十分な練習時間を確保できる上、7月11日に多くの高校で対外試合が解禁となる見通しであることを踏まえて決めた。

 特別規定として、ベンチ入りを例年より5人増やして25人とし、登録変更を毎試合可能にする。さらに、登録外の3年生はベンチ入りを認められ、出場はできないが、試合前の練習に参加できる。城田雅人理事長は「3年生の救済という意味合いが大きいほか、長期間の部活動休止によるけが、熱中症の予防といった目的がある」と説明した。

 日本高野連が示した新型コロナ感染拡大防止の指針に基づいて無観客試合となるが、ベンチ外部員はスタンドで観戦できる。また、3年生と登録選手の保護者を学校関係者と捉え、部員1人につき2人まで入れる。

 会場は上毛新聞敷島、高崎城南、桐生、前橋市民の4球場を予定。来場者の過度な接触を避けるため、1球場当たり1日2試合(第1試合午前9時、第2試合午後0時半の開始予定)にとどめるという。

 この他、決勝戦を含めて9回終了時に同点だった場合は、延長10回からタイブレーク制を採用。1週間500球の球数制限は当初の予定通り導入する。

 シード権は今春の関東地区大会県予選が取りやめとなったことから、昨秋の関東地区大会県予選でベスト8入りした学校に与える。選手の実戦経験が例年と比べて浅いことを考慮し、大会期間中の練習試合も許可する。

【関連記事】