Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セルフカラーで「脱・プリン髪」に挑戦、美容師に聞いた“失敗しないコツ”とは

配信

女子SPA!

 ライターの高木沙織です。  筆者が暮らしている千葉県も4月7日に緊急事態宣言が発令され、外に出るのは食料品や生活用品の買い出しをするときのみ。という暮らしがもうすぐ3週間めを迎えようとしています。これまで当たり前のように出来ていたこと、行けていた場所のありがたみを切実に感じ始めてきました。 ⇒【写真】セルフカラーのやり方  そのうちのひとつが、ヘアサロン。理美容業は休業要請の対象外となっていますが、大手を中心として休業している美容室も多くあります。営業しているところも、換気をする、距離を取るなど対策は行っているでしょうが、不要不急ではない場合、なるべく美容室は自粛したほうがよさそうな気もします。  そこで今回は、不器用でビビりな筆者がセルフカラーをしてみた感想をリポートしていきたいと思います。根元はプリン状態、色も抜けて明るくなりすぎた髪を見て……、「これはなんとかしなくては!」とセルフカラー剤を購入してみたものの、使用するかどうか迷って早2週間。ついに覚悟を決めました!

高校卒業以来のセルフカラーに挑戦

 1か月半に一度はカット・カラーリング・トリートメントのためにヘアサロンへ足を運んでいた筆者。落ち着いたブラウン系のカラーやアッシュ系のカラーにしてもらうことが多いのですが、色が抜けやすくすぐに明るくなりすぎてしまう髪質です。それゆえ、髪が伸びてくると根元の黒さがとっても目立つ!  ちなみに、今はこんな感じ。カラーリング直後は、「ちょっと暗くしすぎたかな?」と思いましたが、今は明るめの黄色よりになってきています。  本当はそろそろヘアサロンへ行きたいところですが、今はグッと我慢。だけど、少しでもキレイにしておきたい……。  そこで、高校卒業以来のセルフカラーに挑戦しようというわけです。

初心者ゆえ「泡カラー」をチョイス

 今回使用したのは、「Liese 泡カラー(エアリーブラウン)」。  セルフカラーだなんてもう何十年もしたことがなく、かなりビビッていた筆者は長年担当してもらっている美容院「Laf from GARDEN(旧Ramie)」のマネージャー・加藤貴大さんにコツを伝授してもらい、意を決してトライ。 「ロングヘアの人は全体的に染まる量があるかチェックしてから購入しましょう。そして、泡は根元につけすぎないようにします。こめかみや生え際の薄い毛は明るくなりやすいので、この部分も少なめに塗布してください。逆に毛先は塗布量が少なくなりやすいと思うので、多めになるように意識するといいですよ。しっかりとかして、まんべんなく塗布量を乗せることもキレイに染めるポイントです」(加藤さん)  なるほど。では、スタートです(※使用前は必ずパッチテストをおこなうこと。説明書の注意点もよく読んでください)。  まず、1剤と2剤を混ぜ合わせます。  ここでは絶対にシャカシャカと振らないで! 使用時に泡状で出にくくなります。筆者はしょっぱなからやらかし、シャバシャバな液体が……。こうなってしまったら、容器を3~4回押してゆるい泡や液を捨てなくてはいけないそう、もったいない。  次は、平キャップを外してフォーマーキャップに付け替えます。付属の手袋を着けて、ボトルを押し泡をたっぷり出しましょう。  そうそう、手袋は付いていますがイヤーキャップやケープ、カラーリングキャップを用意しておくと汚れを防げて安心ですよ。

【関連記事】