Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インテル対レバークーゼン、予想スタメン&プレビュー。17年ぶりのマッチアップ、カギを握る人物は?【EL準々決勝】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 約5ヶ月ぶりに再開したUEFAヨーロッパリーグ(EL)は、ここから準々決勝に突入する。今季最後のタイトルに向けた戦いはより一層激しさを増すだろう。メルクール・シュピール・アレーナで行われるインテル対レバークーゼンはどんな試合になるだろうか。両クラブの現状や、先発出場メンバーを占う。 【決勝トーナメント表】UEFAヨーロッパリーグ

インテルの予想先発メンバー

システム:3-5-2 ▽GK サミール・ハンダノビッチ ▽DF ミラン・シュクリニアル ステファン・デ・フライ アレッサンドロ・バストーニ ▽MF マルセロ・ブロゾビッチ ダニーロ・ダンブロージオ アシュリー・ヤング ニコロ・バレッラ ロベルト・ガリアルディーニ ▽FW ロメル・ルカク ラウタロ・マルティネス  インテルは現地時間5日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16でヘタフェと対戦している。立ち上がりから相手に押し込まれる苦しい展開となったが、ロメル・ルカクがワンチャンスをモノにし先制。その後はヘタフェのPK失敗にも救われ、途中出場のクリスティアン・エリクセンが追加点をマークするなど、2-0で勝利を収めた。  大会名がヨーロッパリーグへと変更後、インテルはこれが初のベスト8入りとなった。ただ、目標は当然ながら優勝だ。ここからより一層厳しい戦いになることが予想されるが、どこまで結果を残すことができるだろうか。  予想先発メンバーは上記の通り。システムは3-5-2となるはずだ。  ヘタフェ戦から大きな変更はないが、最終ラインの顔ぶれは変わるかもしれない。アントニオ・コンテ監督はレバークーゼン戦でミラン・シュクリニアルを起用することを検討しているようで、その場合はディエゴ・ゴディンがベンチに回るという。そのため、最終ラインは右からシュクリニアル、ステファン・デ・フライ、アレッサンドロ・バストーニという並びになるだろう。  また、ヘタフェ戦で点を決めたエリクセンや完全移籍が決まったアレクシス・サンチェスなど、控えにも実力者が揃っている。彼らの働きぶりにも注目だ。

【関連記事】