Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブレイクダンスはオンラインバトル 自宅から世界大会に! 活躍目立つ日本勢、パリ五輪で採用見通し

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 2024年パリ五輪で初採用される見通しのブレイクダンスは、会場で生の熱気を味わうのが醍醐味(だいごみ)だ。だが、新型コロナウイルスの感染拡大でリアルのイベントは軒並み中止になった。そこで、自宅や練習場で踊った映像をリモートで審査する「オンライン・ダンスバトル」の試みが広がっている。世界中から参加でき、新たな定番になる可能性も出てくる中、日本勢の活躍が目立っている。(共同通信=品川絵里)  ▽75カ国、400人が参加  ブレイクダンスの普及活動を展開する米国の団体「ブレイク・フリー・ワールドワイド」は4月、6日間にわたって大会を開催し、ユーチューブでライブ配信した。  欧州、アフリカ、アジア太平洋、アメリカ大陸の地域別4部門で、75カ国から約400人が参加した。ネット接続の不具合で動きが止まってしまう場面もあったが、臨場感は本物さながら。ビデオ会議システムで審査員と対戦者をつなぎ、トーナメントで勝者を決めた。

 18年夏季ユース五輪銅メダリストの半井重幸(なからい・しげゆき)さん(Shigekix)はアジア太平洋部門で優勝。「自宅から世界大会に参加するのは不思議な感覚だったが、優勝は率直にうれしい」と喜ぶ。採点の一要素である音楽性を意識しながら切れ味のあるステップやスピンを披露し、決勝は韓国人ダンサーに競り勝った。「普段海外に出ないような方とも対戦ができて、オンラインだからこそつながれたのは良かった」  ▽SNS、ユーチューブをフル活用  世界的に活躍するダンスチーム「FOUND NATION」はユニークな大会を5月に開催した。  事前に撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)で集めた。そして、ダンス動画を見ながら審査員がコメントする様子をユーチューブで公開。カメラの角度や撮影場所の状況が面白いかどうかなど、映像ならではのポイントも審査基準に加えた。  北海道から沖縄まで全国から参加した161人の中には、昨年9月の第1回世界アーバン大会のブレイクダンスで優勝した湯浅亜実(ゆあさ・あみ)さん(AMI)の姿も。他には牛舎で踊る少年や強風の中ダンスを披露する女性など、それぞれオンラインの強みを生かしたパフォーマンスを披露し、公開から約3カ月で動画の再生回数は1万回を超えた。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS