Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

失意のホステス大会から1年 最高の笑顔に神メークを受ける姿を見たかった【現場記者の“こぼれ話”】

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。国内女子ツアーは「アース・モンダミンカップ」で開幕することができたが、次戦の見通しは立っていない。そんな状況のなか、少しでもツアーに思いを馳せてもらおうとツアー取材担当が見た選手の意外な素顔や強さの秘訣、思い出の取材などを紹介。今回は渡邉彩香の“1年前”と“今”。 松田鈴英と脇元華のゴージャス感たるや【昨年大会前夜祭写真】 今季の国内女子ツアー開幕戦となったアース・モンダミンカップ最終日。昨年の賞金女王・鈴木愛プロをプレーオフで破り両手を高々と掲げる渡邉彩香プロを見て鳥肌が立ちました。5年ぶりの優勝、苦しい時期を乗り越えての優勝はとても感動的でした。そして、ふと1年前のことを思い出しました。 1年前の今ごろ、新規トーナメントとして「資生堂 アネッサ レディス」がスタートしました。主催の資生堂のブランド『アネッサ』と契約を結ぶ渡邉プロは、ホステスプロとしての出場。ですが、前週のアース・モンダミンカップ終了後に行われた第一回リランキングで出場権を得られる順位に入ることができず、失意のなかで迎えた戦いとなりました。 そんな資生堂アネッサレディスでは、前夜祭で他の大会にはない資生堂らしいサービスがあります。希望した選手は、資生堂メーキャップアーティストによるヘア/メークのサービスを受けることができるんです。のちに大会優勝を果たす渋野日向子プロや松田鈴英プロらがプロの手によって、より華やかに美しさを増していました。 もちろんホステスプロの3人もヘア/メークを受けて綺麗なドレスに身を包み、コースとはまた違った表情を見せていました。試合に向けて気合の入ったコメントとのギャップがまた魅力的に映っていたのを覚えています。 前夜祭、プロアマお経て迎えた本戦。ホステス大会で上位に入り大会を盛り上げて、さらに自身も第2回リランキングに向けて…、と行きたいところでしたが、残念ながら108位タイで予選落ち。記者たちの囲み取材もなく、悔しそうでもあり、寂しそうでもある表情でクラブハウスを後にしていたのを覚えています。 あれから1年。悔し涙はうれし涙に変わりました。苦しかった時期を乗り越え、などという言葉で簡単に表現できないくらい大変だったと思います。だからこそ、復活優勝を果たし他瞬間は最高の笑顔に見えました。そこに資生堂の“神メーク”を受けて凱旋となるはずでしたが…、今年度の大会は中止となってしまったため、その姿を見られないのは残念でなりません。 苦しい時を過ごし優勝したことで、美しさとともに強さも増した渡邉プロ。そんな渡邉プロならばきっとさらに活躍して、次の資生堂 アネッサ レディスを迎えてくれるでしょう。そして前夜祭から大会最終日まで、生まれ変わった新しい姿でファンをはじめ、僕らのことも魅了してください!(文・秋田義和) (撮影:山上忠)<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】