Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仮想敵国が味をしめる悪しき前例になる可能性~イージス・アショア地上配備中止

配信

ニッポン放送

仮想敵国にとって「地元を騒がせればいい」という悪しき前例になる可能性も

奥山)それは憲法の制約上、我々にはできないことになっていますので、本来ならば維持する場所はしっかり盾をするという路線に乗っていたのですから、このまま行っていただきたかったので、個人的には残念です。いかに相手の負担が増すかというところに、日本国内の防衛議論・戦略議論が行っていないのが残念です。本当は中国・ロシア・北朝鮮という仮想敵国に対して、彼らのいちばん嫌がることを我々はしなければいけないのですが、日本人は真面目ですから、相手の嫌がることを真面目に考えることができない。自分たちのなかだけでうまく回すことによって、「相手が思い留まってくれるのではないか」と考えてしまうところがあります。 飯田)思い留まってくれればいいけれど、とりあえず試してみるかと。 奥山)こういう議論を日本国内ですると、それに味をしめた仮想敵国3国が「地元を騒がせればいいのではないか」となってしまい、悪しき前例になってしまいます。情報戦を仕掛けて地元を焚きつければ、我々が嫌がる武器も日本は止めてくれるのではないかとなってしまい、問題だと思います。でももう止めると決めてしまったので、早いところこの防衛の空白地帯を埋めていただきたいと思います。

【関連記事】