Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

独サッカーで「37-0」 衝撃スコアが生まれたワケに米注目「たった7人が試合に出場」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

7人だけで試合に臨んだ理由とは…

 ドイツのアマチュアサッカーの試合で、37-0という驚愕のスコアが記録された。ブンデスリーガを1部リーグとし、11部にあたるクライスリーガでの一方的なゲームとなった理由について米スポーツ専門局「ESPN」がリポート。敗戦チームが試合放棄の罰金を避けるため、試合に7人で臨んだことなどを伝えている。 【動画】2分に1分のペースで失点!? ソーシャルディスタンスで守備は不可能…37失点を喫したドイツ11部チームの試合の一部始終  なすすべなく、次々と失点を喫した。ゴール正面からのグラウンダーのシュート、ゴール正面にパスが通り、GKと1対1の状況からの得点……一方的な展開だ。リードを広げられているチームは、どこか動きがぎこちない。よく見ると、相手に比べてピッチ上の人数が少ない。相手からボール奪取に動くこともほとんどしていないようだ。 「ESPN」によると、敗れたチームはSGリップドルフ/モルツェンII。「新型コロナウイルスの感染者と接触した相手チームと社会的距離を取る為に、たった7人の選手を日曜日(12日)の試合に出場させ、37-0で敗れた」と、実際の動画とともに記事で伝えている。  一方的な試合の背景には、37点を奪ったSVホルデンシュタットIIの選手が過去の試合で新型コロナの感染者と接触していたことがあるようだ。記事では「検査結果は陰性だったが、14日間の期間のうちだったのでリップドルフの選手たちは安全だと感じなかった」と記している。

試合放棄の罰金を回避、会長は感謝「我々にとっては大きなお金」

 リップドルフの共同会長パトリック・リストウ氏は試合の延期を求めたが、ホルデンシュタットは試合の開催を求めたという。試合放棄すれば200ユーロ(約2万5000円)の罰金を支払わなければならないため、最終的には試合に必要な最低人数の7人を試合に出場させたという。  リストウ氏は出場した7人について、社会的距離を取るために「ホルデンシュタットの選手と2メートルの距離を取っていたんだ」と説明。直接的なボール奪取も行わなかったという。同氏はESPNに対し、「ボランティアとして参加してくれた7人には感謝している。試合を放棄したら200ユーロの罰金を支払わなくてはいけないんだ。これはパンデミックの渦中にいる我々にとっては大きなお金なんだ」と語ったという。  一方、約2分に1ゴールのペースで計37ゴールを決めたホルデンシュタットのコーチ、フローリアン・シーアヴァーター氏は「試合を中止する理由なんてなかった」とドイツ地元紙「アルトマク・ツァイトゥング」に話したという。

THE ANSWER編集部

【関連記事】