Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜銀蝿40th、結成日に40周年記念FC限定配信イベント開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
E-TALENTBANK

結成40周年を迎え、オリジナルメンバーである、嵐・翔・TAKUに加え、37年ぶりにJohnnyが初合流を果たし、2020年に、オリジナルメンバー4人で1年間の期間限定完全復活を果たした“横浜銀蝿40th”(読み:ヨコハマギンバエ フォーティース)が、9月21日(月・祝)と22日(火・祝)にファンクラブ限定で配信ライブイベントを開催した。 結成記念日である21日(月・祝)は“#銀蝿記念日 昭和火の玉ボーイ”と題し、翔(Vo.&Gt.)曰く「見てくれているファンのために、命がけで準備した」配信ライブイベント。 冒頭ではお笑いコンビ、上々軍団をMCに迎えメンバーとともに40年を振り返りながら当時のエピソードや、普段聞くことができないプライベートに迫るなど貴重なトークコーナーとなった。 また、ここでしか見られない最新シングル「昭和火の玉ボーイ」ミュージックビデオのメイキング映像やビデオのフルバージョンを公開しファンをわかせた。 解散ライブ当時の歓声とバイクのエンジン音が響き渡り、嵐(Vo.&Dr.)の「いくぜ!」の掛け声からライブパートがスタート。「ぶっちぎりRock’n Roll」「羯徒毘璐薫’狼琉」と頭からアクセル全開で突き進む。 続いて昨年からドラマ・劇場版「今日から俺は」ヒットの影響もあり若い層からも支持の高い、横浜銀蝿40thの代名詞ともいう2曲「男の勲章」、そして「ツッパリ High School Rock’n Roll(登校編)」も演奏された。 今年2月19日に37年ぶりのリリースで話題となったアルバム『ぶっちぎりアゲイン』に収録されている新曲「1980HERO」や「Again」など最新曲も数曲を披露。 そして、なんと客席から嶋大輔が現れるという驚きの展開から、祝福のコメントと「男の勲章」をサプライズで披露。この夢の競演は、オンラインライブを見守っていたファンは歓喜に溢れただろう。 ライブイベントも終盤に差し掛かり、9月24日にいよいよ発売となるシングル「昭和火の玉ボーイ」を初披露。さらに自粛期間中にリモートで制作し、話題となった「ツッパリ High School Rock’n Roll(在宅自粛編)」も披露された。 最後を締めくくるのはデビュー曲である「横須賀Baby」。実際にファンの皆さんにお届けできなかった葛藤の中、全てコンサートで演奏したい曲たちをこの配信ライブに用意してきたが、「最後の曲は絶対にこの曲だと思っていた」と翔が語り、ファンにも嬉しい公演だったことに間違いない。最後の最後までエンジン全開で完走しきった公演となった。 9月22日(火・祝)にはTAKU(Vo.&Ba.) “還暦REBORN! 生誕祭ライブ”と題し、TAKUの生誕を祝いつつ、「盗まれた魔法のランプ」など久しく演奏されてこなかったナンバーも披露された。 「可愛さあまって好きさ100倍」演奏が途中ストップし、サプライズでバースデーケーキが運ばれてくるなどほほえましい演出も。 なお横浜銀蝿40thは、現在の状況を省みて活動を2021年12月31日まで延長を発表している。最新シングル「昭和火の玉ボーイ」は遂に9月24日リリースとなったので是非注目していただきたい。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】