Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

華原朋美が高嶋ちさ子にYouTubeで謝罪 それでも全く消えないシッターの虐待疑惑

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

専門家は「児相が動くレベル」

「大変、申し訳ございませんでした!」──華原朋美(46)はカメラの前で涙を浮かべ、最後に深々と頭を下げた。YouTubeで配信した謝罪動画に、大きな注目が集まっている。  ***

 9月23日、華原は自身のYouTubeチャンネルで、ヴァイオリニストの高嶋ちさ子(52)と、芸能事務所「プロダクション尾木」尾木徹社長(77)に謝罪した。  華原は1999年から2007年と、2012年から2020年まで、プロダクション尾木に所属していた。  それでは、動画での発言を、全てご紹介しよう。 「こんばんは、華原朋美です。今回の、高嶋ちさ子さんへの謝罪と、尾木社長への謝罪をしたいと思います。ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした。  私の勘違いであり、そして、虐待ではありませんでした。そのことについて、もの凄く反省しております。大変、申し訳ございませんでした」  何の説明もなく、いきなり謝罪して終わる。華原朋美の苦痛そうな表情が、ただ事ではないことを伝える。  視聴者の多くが「高嶋ちさ子」という名前と、「虐待」という単語が登場することから、FRIDAYの報道と関係があると判断したようだ。  9月25日号に掲載された記事のタイトルは、次のようになっている。

高嶋がシッターを紹介

《現場写真をスクープ入手 紹介されたベビーシッターが、0歳児の赤ちゃんをまさかの逆さ吊り 華原朋美「愛息虐待で高嶋ちさ子と大モメ」 「虐待だ」「遊んでいただけ」と真っ向から意見が対立》  華原は昨年8月、第1子となる男児を出産した。子供の父親は「外資系企業に勤務する一般男性」とだけ明かされ、入籍はしていないという。  FRIDAYの記事によると、華原は外出の際、自宅でベビーシッターに子守を依頼していた。  このシッターを紹介したのが高嶋。彼女自身もこのシッターに子供の面倒を見てもらっていたという。  ところがシッターに子守を任せると、次第に華原は不信が募っていった。8月には、部屋に設置していたカメラの動画を確認した。  動画にはシッターが男児の両足を掴み、逆さ吊りしている光景が映っていた。男児は哺乳瓶を口にくわえていたという。  誌面には、シッターが子供を逆さ吊りにしている写真が掲載されている。動画をキャプチャーしたものだろう。

【関連記事】