Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田裕貴、田中圭主演の学園サスペンスに参戦「絶対、面白い作品にしたい!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の山田裕貴が、10月期のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(10月31日スタート、毎週土曜 後11:00~11:30)に出演することが発表された。このドラマは、『M 愛すべき人がいて』の鈴木おさむ氏によるオリジナル脚本作品で、主演の田中圭が“恐怖の進学校教師”という役柄で新境地に挑む学園サスペンス。山田は、田中が演じる義澤経男(よしざわ・つねお)が受け持つ3年D組の副担任・頼田朝日(よりた・あさひ)を演じる。 【写真】主演の田中圭、担当教科は数学  義澤が担任を務めることになった3年D組は成績優秀者が集められているものの、担任になった教師が皆、短期間でメンタルを蝕まれ、次々退職していくという問題を抱えるクラス。実は、反抗的な生徒たちが中心となって、大人を追い詰め、教師が壊れていく姿をゲームのように楽しんでいたのだ。何度も担任教師が教室から去っていくのを見てきた朝日は、義澤も同じ道をたどるのではないかと心配。さわやかな好青年で生徒たちから慕われる朝日は、そんな義澤に寄り添う、心強い存在となる。  “鈴木おさむワールド”がさく裂する脚本を手にした山田は「ドラマの概念をぶっ壊すような面白いことができるんじゃないか、という気がしています。これまでにない演技のアプローチをしたい!」と、早くも興奮気味。また、さっそく本作について田中と意見を交わし、演技プランを練っていることも明かした。「朝日が副担任として義澤先生をバックアップするように、僕もいろんな面で圭さんを支えていきたいですし、絶対、面白い作品にしたい! 圭さんのドラマに対する熱意と同じくらい熱い気持ちを僕も持っているので、何としても“バズる”ドラマにします!」と力強く語っていた。  劇中でも義澤と朝日はすぐ打ち解け、仕事終わりに2人で食事に行く場面も描かれる。本作は強烈なシーンが続くハードなサスペンスとなっているが、ところどころで挿入される義澤と朝日の“わちゃわちゃ”としたやりとりがドラマの中で一服の清涼剤のごとく、視聴者の心を和ませてくれそうだ。

【関連記事】