Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これぞ9人目の野手 楽天福山の素手キャッチにファン驚愕「曲芸師」

配信

Full-Count

李大浩の放った強烈なピッチャーライナーはマウンドの福山のグラブを弾き飛ばした

【球界名場面】  新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっているプロ野球だが、6月中の開幕に向け動き出している。選手、ファンにとってはもう少しの辛抱が続くが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeで公開されている動画の中から、特に印象的な名場面を振り返ってみたい。 【動画】強烈なライナーを一度、グラブで弾き両手で… 楽天福山が見せた“誰もマネできない”素手キャッチ  2015年4月22日、ソフトバンク対楽天の一戦。同点の9回。先頭で打席に向かった李大浩は135キロの変化球にバットを合わると、ライナー性の打球がマウンド上の福山を襲った。  だが、福山は咄嗟にグラブを出すと、一度は強烈な打球でグラブが弾き飛ばされたが、頭上に跳ねたボールを冷静に素手で大事そうにキャッチし窮地をしのいだ。  動体視力、反射神経、冷静沈着…すべてを兼ね備えた一瞬のプレーに、ファンからは「このフォームで捕れるのは打球反応良すぎ」、「反射神経おばけ」、「まさに9人目の野手」、「ドッジボールでよくあるやつ」、「曲芸師かっ!!!!」と絶賛の嵐。また、マウンドにきれいに“着地”したグラブにも「ちゃんとグラブが丁寧に置かれてる辺りさすがプロだなぁ……」、「グラブまで運動神経良いとか」と称賛の声が上がった。

Full-Count編集部

【関連記事】