Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川崎宗則がたった1球で示したスター性 初球弾に盟友西岡も唸る「さすがの一言」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

約10か月の実戦ブランクながら今季の実戦でいきなり特大のアーチ

 ムネリンが鮮烈な1発で独立リーグデビューを飾った。ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに今月加入した元ソフトバンクの川崎宗則内野手が13日、本拠地での茨城アストロプラネッツ戦の初打席で、初球に特大弾を放った。今季は無所属で独自にトレーニングを続け、約10か月も実戦から離れていた中でいきなり描いたアーチ。目の覚めるような1発に、チームメートの元NPB選手たちからも一様に驚きの声が上がった。 【動画】初打席初球本塁打にスタンド騒然! 川崎宗則が放った特大弾の映像  川崎は「2番・三塁」でスタメン出場。3年ぶりの国内復帰戦で、初回に迎えた第1打席だった。初球の直球をフルスイングして引っ張ると、打球は大きな弧を描いて右翼芝生席へ。あと数十センチで場外という打球に、スタンドは騒然とした。結果的にこのソロが決勝点となりチームは3-0で勝利。川崎はこの試合のMVPに選ばれ、終始ムネリンの独壇場だった。 「体に任せて。狙うとかはなくて、投げてきた球がバットに当たる球だったら振ってしまおうと。それがたまたまホームランだったんですけど。たまたま当たっただけです」  あっけらかんと振り返った川崎。チームメートにはスライダー狙いだったと話していたようで、即座に体が反応してとらえた1発だった。試合後のヒーローインタビューでは「昨日は緊張してなかなか寝られず、(相手)先発の大場くんの動画を朝まで見ていたので、その研究の成果が出ました。イメージしてたんで。今の時代はいいですね。研究できるんで」とも。たとえ独立リーグでも準備を怠らず、イメージを膨らませていたからこその初球弾でもあった。  名刺がわりにしては強烈すぎる1発の凄みを、最高峰の舞台でともに戦ってきた元NPB選手たちはよく分かっている。2006年のWBCで川崎と二遊間を組み、この日は「4番・一塁」でスタメン出場した元阪神の西岡剛内野手は「かっこいい」と兄貴分の勇姿にうっとり。大勢のマスコミや1000人超の観客の視線が注がれる重圧の中での結果に「川崎さんも最初の打席の初球はすごく集中していたと思うし、そこで結果を出すのはさすがの一言」とうなった。  さらに元ヤクルトの飯原誉士外野手兼ヘッドコーチも「初球を振りに行けるのもすごいし、それをホームランにするなんて……」とあっけにとられた様子。実戦経験のブランクを全く感じさせないスイングには「びっくりというか、驚きですよね。やっぱりスター選手」を舌を巻いた。  打席に臨む準備と、振り切る思い切りのよさ。元巨人の寺内崇幸監督は「初球を振って、さらにホームランという最高の結果が出せる気持ち的な部分や、準備はさすがだなと思いました。ベンチ(の若手)からも『すごいな』と声も上がっていましたし、いい刺激になったと思います」とチームに与える好影響を語った。

【関連記事】