Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンジャッシュ児嶋一哉、YouTube登録者数50万人突破「狩野英孝には負けられない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

7月にYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」を開設し、早くも登録者数50万人を突破したアンジャッシュの児嶋一哉。そんな彼に、YouTubeを始めて感じたことや開設した経緯、お気に入りのコンテンツについて語ってもらいました。 【写真を見る】アンジャッシュ児嶋一哉、“歌ってみた”動画も大人気 ■ どんなことでも撮影する”回しグセ”が付きました ――以前からYouTubeに興味があったのですか? 周りの芸人が始めていて、みんなモチベーションが高く楽しそうにやっているのを見ていて興味を持ちました。とは言ってもどうやって始めたらいいか分からなくて…。 そんなとき、昔から知っているスタッフに声を掛けてもらい、二つ返事で「やる!」と言いました。それが5月くらいの段階で、6月くらいにオープンしようと思っていたら相方のことがいろいろあって(笑)、7月にやっと開設できました。 ――実際にやってみていかがでした? 実際に始めてみると、自由さがたまらないです。とくに僕はテレビと比べちゃうのですが、15分間、僕が一人で話しているだけの動画なんて普通で考えたらありえない! もう放送事故ですよ(笑)。でもそれができるのがYouTube。テレビじゃ考えられないです。あと自分のタイミングで撮影できるのも楽しいです。 ――いつでも自由にカメラを回している感じですか? そうなってきましたね。今回もせっかく取材していただけるからとカメラを回しちゃいました(笑)。もう“回しグセ”とでもいうのか、どんなことでも撮らないともったいないと感じるようになりました。 今は撮っているのが新鮮ですごく楽しいです。まぁちょっと前のめりになっているのかな? 今、気持ちはMAXになっているんで(笑)。もう少ししたら落ち着くのかもしれませんが、今は楽しみながら回しています。 ■ 児嶋一哉「見たいと思う人がいるならやる価値がある」 ――児嶋さんのチャンネルは、“100の質問”や“歌ってみた”、“ゲーム実況”などいろんなジャンルの動画であふれていますね。 とりあえずいろんなことを縛られずにやりたいと思っていて。“歌ってみた”では、はやっている瑛人さんの「香水」を歌っています。はやっていることは何でもやっている感じですかね。でも「香水」はすごく楽しかった。 もともとジャニーズに入りたかったくらいなので歌うことは嫌いじゃない、というかどちらかと言えば好きなので、家で急にやろう! と思って撮ったのですが、見直してみるとどう考えても下手だしキーが低い。 奥さんのアドバイスもあり保険でツッコミを入れたら、それはそれで斬新な動画でアリな気がして。結果良かったと思いますね。 ――色んな方からアドバイスをもらったりしているんですね。 そうですね。奥さんにはよく意見をもらっています。あとマネージャーにも聞いたり。自分ではこれを配信していいのか分からないことが多くて、こんなの流してもどうなんだ? と思うときもあるので(笑)。 「香水」もそうですが、「誕生日ごはんを食べる」動画なんて、やっていてなんですが、ただ奥さんとメシを食っているだけですから。僕だけの判断でいくとあれなんてありえない(笑)。 味についてもほとんど語らないし、ましてや作り方なんて紹介しない。テレビだと絶対にカットですよ。でもコメントを見ていると、こういうのを見たかったと言ってくれる方もいて。 笑いどころがないなど僕の中の凝り固まった考えは一度捨てることにして、とりあえずは挑戦することが大事だと思っています。見たいと思う人がいるならやる価値はあるので。 ■ カジサックからのアドバイスも ――コメント欄もチェックしているんですね。 もちろん全部見ています。面白いと言ってくれると本当にうれしいです。でも良いにしろ悪いにしろ反響をいただけることはありがたい。やはり反応がないことが一番ツラいので。モチベーションになりますね。そしてやって欲しいこともたくさん書いてほしいです。意見を参考にさせていただきたいですし。 でも最近思うのは、僕がやりたいと思っていることと見ている方がやってほしいことが結構一致していて。コメント欄に書いてあることともうすでに撮っていることとかもあるんですよ。そういうときはうれしいです。 ――始めるときに他のYouTuberさんにアドバイスをいただきましたか? YouTubeの成功者・カジサック(キングコング・梶原雄太)ですね。カジのチャンネルには以前出させてもらって、そのときもYouTubeはこうしたらいいみたいなことをいろいろ聞いていたんですが、そのときは僕もまだやる気がなかったので実はスルーしていたんですよ(笑)。なのでちょっと申し訳ないという気持ちもあったのですが、やはり始めるならと聞きました。 週に3回上げた方がいいとかサムネイルはきちんと撮った方がいいとか、さすがと思うことばかり教えてもらいました。もうテレビとは全然違うことだらけ。いまだに理解していないことも多いですが、日々勉強中です(笑)。 ――ライバルのYouTuberさんはいらっしゃいますか? う~ん。ライバルというのではないかもしれないけど、コラボもした狩野英孝。奥さんが「EIKO!GO!!」が好きで、いつも家で流しているんですよ。面白いし登録者数も同じくらいなので、負けられないです。やっぱり僕はついつい芸人の動画ばかり見ちゃいますね。 そして逆に注目しているのは東MAXの「東MAXチャンネル」。もう全然人気がない(笑)。かなりちゃんと作り込んでいて手を抜いているなんてこともないのにイマイチなのがすごく面白いんですよ。まぁコラボとかはしないですよ。だってこっちのメリットはなにひとつないですから(笑)。 ――今後、挑戦したいことはありますか? やっていないことはなんでもやりたいです。“歌ってみた”ももっとやりたいし、できるなら今度はワイプで解説をしなくてもいいくらいの本気を聞かせたい。あとMVを再現したりするのも面白そうですね。 ちなみにSTAY HOME期間は家の掃除をめちゃくちゃしていたんですよ。換気扇をバラして綿棒でゴミを取ったり、お風呂場や寝室、エアコンなど2週間くらいかけて。そんな動画を上げても面白いかもしれないです。あと、最近アップしていますがヨガももうちょっと知ってもらってもいいし…。やりたいことはたくさんありますよ。 ――最後に目標登録者人数を教えてください! カジとコラボしたときに100万人と言われましたが、まずは50万人!(※7月下旬取材時点。現在は50万人を突破) そしていずれは100万人なんてことになるといいなと思っています。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

【関連記事】