Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で関心高まる「失敗しないベランダ菜園」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
大手小町(OTEKOMACHI)

外出自粛を機に始めた人も

新型コロナウイルスの感染拡大で「おうち時間」が増えたことで、家庭菜園を始める人が増えています。とりわけ、マンション住まいでも手軽に取り組める「ベランダ菜園」への関心が高まっています。その一方で、うまく育てられるか心配で、二の足を踏む人も少なくないようです。野菜や花の種の開発・販売を手掛ける「タキイ種苗」(本社・京都市)に、「失敗しないベランダ菜園」のノウハウを聞きました。 タキイ種苗が今年7月、全国の男女600人(農業従事者、食料品販売従事者などを除く)を対象に実施したアンケート調査によると、家庭菜園で野菜を作った経験のある人は50.0%。このうち26.5%が現在も作っていると回答しています。また、現在、野菜を作っている人のうちの29.6%が、新型コロナによる外出自粛が広まった今年3月以降に栽培を始めていました。同社の桐野直樹さんは「元々、家庭菜園を始めるには春と秋が良いタイミングなのですが、今年は春先に外出自粛が重なったこともあって、これをきっかけに家庭菜園を始めた人が多いようです」と話します。 家庭菜園には、自宅の庭を利用したり、市民農園などを借りたりするパターンがありますが、桐野さんは、自宅のベランダを使って始めてみることを推奨します。「最小限の道具があれば、思い立ったその日から始められます。こまめに様子を見ることができますし、天気の良しあしによって栽培場所を移動できるので、ベランダ菜園は初心者でも失敗しにくいと言えます」 桐野さんによると、リーフレタス、小松菜、ホウレンソウ、水菜などの葉物野菜は、初心者でも比較的容易に育てられます。「種をまいたら、発芽して、葉が出て、花が咲き、実をつけ、種をつける。それが植物の成長の過程です。つまり、葉物野菜は、成長の初期段階である葉が育った時点で食べ物として『完成品』になるので、栽培期間が短く失敗しにくいのです」 野菜にはそれぞれ生育に適した気温があり、適温の季節でなければ、うまく育ちません。「秋に栽培しやすいのは、葉物や根菜です。市販されている種の袋には必ず『栽培適期表』が載っているので、栽培する野菜を選ぶ時には、これを参考にしてください」(桐野さん)。 用意する道具は、プランター、野菜栽培用の培養土、鉢底石、鉢底ネット、野菜の種、じょうろ、移植ごて、防虫ネット。いずれも園芸用品店やホームセンターなどで手に入ります。

【関連記事】