Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和歌山の3票は菅氏に 自民総裁選の予備選開票

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
紀伊民報

 自民党和歌山県連は14日午前、党総裁選地方票の投票先を決める予備選の開票をした。党員・党友の計1万6441人を対象に実施。3候補のうち菅義偉氏が最多の票を獲得し、県連は持ち分3票を菅氏に投票することを決定した。  予備選は県内の党員・党友が郵送などで13日までに投票。県連関係者らが和歌山市の県連事務所で開票した。  県連総裁選管理員会の委員長を務めた藤山将材県議は投票の内訳を明らかにしないまま「和歌山県連の3票は菅義偉候補に決まりました」と発表した。  県連は予備選で最も多く票を獲得した候補者に、持ち分の3票をすべて投じる「総取り方式」を採用している。  党総裁選は14日午後にあり、党所属の国会議員票と都道府県連に割り当てられた地方票を合わせて総裁を決定する。

紀伊民報

【関連記事】