Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原油先物1%安、ノルウェー海洋油田のスト終了受け

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ロイター

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国時間の原油先物は1%超の下げとなった。ハリケーン「デルタ」によって米石油生産が停止しているものの、ノルウェー海洋油田でのストライキが終了し、油田操業が再開される見通しとなったことを受けた。 清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が0.49ドル(1.1%)安の1バレル=42.85ドル。米WTI原油先物<CLc1>が0.59ドル(1.4%)安の40.60ドル。 週間では両先物とも約9%上昇。3週ぶりの反発で、北海ブレントは6月以降で最大の上げを記録した。 原油先物は今週前半に上昇。ノルウェーでのストライキやハリケーン「デルタ」の影響で産油量が減少するとの見方が追い風となっていた。 ただ、ノルウェーのストライキを巡っては、石油会社側と労組側の交渉担当者が9日、賃金交渉で合意し、ストライキに終止符が打たれると述べた。 プライス・フューチャーズ・グループのシニアアナリスト、フィル・フリン氏は「原油価格の上昇を支えていた強気要因の一つが、ノルウェーでのストライキ終了を受けて崩壊した」と述べた。

【関連記事】