Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『風俗に福祉が負けない社会』へ 孤立化するシングルマザーが社会に寄り添える“接着剤”を

配信

FNNプライムオンライン

幼い子どもが放置され死亡する痛ましい事件が、相次いで起こっている。 こうした事件が起こる度に、メディアは「社会のあり方や子どもを守る仕組み作りを考えないといけない」と訴える。悲劇を繰り返さないための仕組みとは何か検証する。 【画像】梯親子の自宅だった現場の前に供えられた花束が・・・悲しい

「男に狂っていた」加害者報道の行き着く先は

3歳の娘、稀華(のあ)ちゃんに十分な食事を与えず餓死させた疑いで、母親の梯沙希(かけはしさき)容疑者(24)が7月7日に逮捕された。梯容疑者は6月に知人の男性に会うために鹿児島へ出かけ、8日もの間、稀華ちゃんを東京・大田区の自宅に放置していた。 7月24日、筆者は事件現場となった大田区にある梯親子の自宅前を訪れた。ベランダの外には亡くなった稀華ちゃんに花束が供えられていたが、事件発覚直後に置かれたのか、すでに枯れ始めていた。 逮捕後メディアは一斉に、梯容疑者について「男に狂っていた」「容疑者自身も幼少期に虐待にあっていた」と報じた。 こうした加害者報道について、ソーシャルワークや社会保障制度に詳しい慶應大学教授の井手英策氏は、「見慣れた風景」だと語る。 「これらの報道は『結局どちらかわからない』に行き着き、同じような事件がまた繰り返されることになります。事件を彼女の人格のせいだと割り切るのはおかしくて、彼女自身も追い詰められ、生きづらかったことが事件の背景にあるはずです。また一方で、子どもの時に虐待を受けたからという理由付けもおかしくて、自分が虐待を受けても子どもを大切に育てている人もいるわけです」(井手氏)

孤立化する母親に寄り添う社会の仕組みがあれば

井手氏は「だからこそ、虐待の連鎖を生まないような社会システム作りを議論しなければいけない」という。 「虐待を受けた子どもが健やかに育つ仕組みや、健やかに育てなかった大人が抱え込む生きづらさや苦しみに対して、寄り添う仕組み作りの議論が必要です。報道はそれ以前で終わってしまっているのです」 また、困窮家庭の子どもの学習支援を行っているNPO法人キッズドアの渡辺由美子理事長も、今回の事件報道についてこう語る。 「お母さんにいろいろ問題があった、彼女自身が虐待されていたとの報道もありますが、お母さんをバッシングすれば、それを見て怖いなと思った人が益々虐待を隠すことになります」 そして渡辺さんは、梯容疑者の周囲に対して疑問を呈する。 「そもそもシングルマザーが夜仕事をしていれば、子どもが放置されているのではないかと周囲が気づいていいはずです。なのに、『働いて子どもを育てないといけないんだから仕方ないよね』と見て見ぬふりをしていることが問題です。お母さんと子どもが一緒にいられるような社会の仕組みがあれば防げたのではないかと、こうした事件が起こる度に思います」

【関連記事】