Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

’20スズキVストローム1050は価格据え置き143万円、充実仕様のXTは+8.8万円

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

’19年のVストロームオーナーズミーティングの会場で、スズキの鈴木俊宏社長によって国内導入意向が電撃発表された「Vストローム1050/XT」は、予想よりもかなり早い4月24日に発売。STDは価格据え置きの143万円、充実仕様のXTも+8.8万円の151万8000円と健闘ぶりを見せている。 【関連写真×9枚】’20スズキVストローム1050は価格据え置き143万円、充実仕様のXTは+8.8万円

前モデルから大幅ブラッシュアップ、価格面も◎

7psものパワーアップに、電子制御システムの大幅進化。さらにデザイン刷新&ユーティリティ性能向上などなど。これだけブラッシュアップポイントが山盛りな新型Vストローム1050/XT、現行モデル比でいかほど価格がアップするんだろう? 10万円アップ? もしかしたらXTは20万円アップ? なんてドキドキしながら発表を待っていたのだが、フタを開けてみれば、なんとなんと! STDのVストローム1050は、前モデルからお値段据え置きで登場したのだ。 一方、ワイヤースポークホイールを備えたXTは、今回新たに6軸IMUやクルーズコントロールといった新装備が奢られたにも関わらず、1050(STD)比では8万8000円アップの151万8000円。前モデルのXTからすると、わずか4万4000円アップに留まる大健闘での発売となったのだ。  あらためて旧型からのブラッシュアップポイントを見ていくと、兎にも角にもまずデザインである。現代のアドベンチャー系で主流の“クチバシ“デザインは、スズキのパリダカラリーレーサー・DR-Z(ディーアール・ジータ)がその元祖。新型Vストローム1050/XTは、そのDR-Zを手がけたデザイナー本人によるもの。つまり、模倣ではなく本物のDNAを注入。タンクデザインにハンドル、ステップなども、オフロードテイストが強調されることになった。 ――【SUZUKI V-STROM1050/XT】■全長2265 軸距1555 シート高850/870(各mm) ■247kg(装備) ■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1036cc 106ps/8500rpm 10.1kg-m/6000rpm 燃料タンク容量20L ■タイヤF=110/80R19 R=150/70R17 ――【足着き性も向上】骨格変更はしていないものの、タンク形状を中心とするまたがり部分のくびれを強調したことで、現行モデルよりも足着き性が良くなっている。またタンク形状を見直したことでスタンディング時のポジションもより取りやすくなった印象だ。 ――スポークホイールのXTには、往年のDR-Zのマルボロカラーやキャメルカラーを彷彿とさせる、ブリリアントホワイト×グラスブレイズオレンジ、チャンピオンイエローNo.2に加え、ソリッドなグラススパークルブラックを用意。 ――【ユーティリティ面も向上】XTは、工具なしで11段階、50mm幅で高さが変えられる可変スクリーンを採用。一方、STDの1050にも上下3段階で高さが変えられる可変機構が備わっている(工具が必要)。メーター上部には、スマホホルダーなどを取り付けやすいアクセサリーバーも装備。 ――メーターがフルデジタル化されるとともに、よりオフロードらしさの高いテーパーハンドルも新採用。また機能面ではスロットルバイワイヤを新採用し、アクセサリーソケットはUSBソケット化(2A)された。また国内仕様にはワンキータイプのヘルメットホルダーも装備される。 ――【XTはシート高が20mmアップできる】STDの855mmよりも、XTの方が5mmシートが低い設定。ただこれは、XTには20mmシートをアップできる機能が搭載されているためだ。 ――ロードスポーツ性能が高いVストロームのキャラに変わりはないが、ギザギザ&幅広のオフロードステップはデザイナーが大いにこだわったところ。

【関連記事】