Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

冨永愛がドラマ「グランメゾン東京」での役作りを振り返る『これからも美しく食べて楽しい時間を持てたら』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2020 親善大使任命発表会」が9月17日に東京都内で行われ、親善大使に任命された冨永愛が登場した。 【写真を見る】任命書を授与され、思わず笑みがこぼれる冨永愛 「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク」は、美食への探究心やその美しさから世界中で愛されているフランス料理をもっと気軽に楽しんでもらうことを目的とした日本最大級のフランス料理イベント。 9月25日(金)から10月14日(水)の過去最長となる20日間にわたって開催される「ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2020」では、全国540店舗のフレンチレストランでランチ、ディナーともに2500円、5000円、8000円(税・サービス料込み)の価格でコース料理を楽しむことができる。 発表会では、冨永が任命書を授与されたほか、トークセッションでフレンチを通した食・人とのつながりやフレンチの思い出などを語った。 登壇した冨永は「フランス レストランウィーク、10周年おめでとうございます!」と祝辞を述べ、親善大使に任命されたことについて「フレンチキュイジーヌはすごく好きなので、本当にうれしく光栄に思います」とにっこり。 また、同イベントについて「フレンチキュイジーヌというと少し格式が高いイメージがあると思うので、こういった機会に皆さんがより身近にフレンチというすごく奥深い文化に触れていただけるというのは、すごくいいことだと思います」と絶賛した。 さらに、フレンチの思い出について「フランスに住んでいたことがあったので、レストランにはよく出掛けていきました。そこで、大人のカップルがおしゃれをして2人で食べているのをよく見掛けたんです。それがすごく素敵だなと思って、私もそういうふうになれたらいいなと思っていました」と回顧。 そんな中、連続ドラマ「グランメゾン東京」(2019年、TBS系)でグルメ雑誌の編集長役を演じたことを振り返り、「世界中のおいしい物を知り尽くしている役どころなので、フレンチに行って細かい作法を教えていただく機会を持ちました。だから、それを忘れないように、これからも美しく食べて楽しい時間を持てたらと思っています」と明かした。 加えて、「(自分はそういった役どころのため気を付けたが、皆さんは)本当はそこまで気にする必要はないと思うんですよ」とコメントし、同イベントへの気軽な参加を呼び掛けた。 最後に「(同イベントは)本当に素敵な機会だと思います。より手軽にフレンチを楽しめると思いますので、大切な人とおしゃれも同時に楽しんでもらえたらなと思います」とアピールした。(ザテレビジョン)

【関連記事】