Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイクと人を結びつける手探りの試み【ホンダ高山正之のバイク一筋46年:第2回】

配信

WEBヤングマシン

ホンダ広報部の高山正之氏が、2020年7月に65歳の誕生日を迎え、勇退する。二輪誌編集者から”ホンダ二輪の生き字引き”と頼りにされる高山氏は、46年に渡る在社期間を通していかに顧客やメディアと向き合ってきたのか。これを高山氏の直筆で紐解いてゆく。そして、いち社員である高山氏の取り組みから見えてきたのは、ホンダというメーカーの姿でもあった。連載第2回はモーターレクリエーション推進本部配属時代を振り返る。

初の親子バイククラブ設立は暗中模索

1978年、モーターレクリエーション推進本部に配属され、最初に見せられたのはアメリカのYMCAの活動映像でした。YMCAのロサンゼルス支部に勤務している青年ケース・デービス氏が提案して取り組んでいた「Y-RIDERS」という、不良少年達をバイクで更生するプログラムです。傷害事件に加え、麻薬の使用など日本では考えられない不良度です。少年達が刺激を受け冒険心を駆り立てられるものは、野球やバスケットボールではなく、バイクでした。1969年に、テストケースとしてアメリカンホンダが用意した50台のバイクによってはじめられました。QA50やミニトレール(日本ではモンキー)、DAXなどの小さなバイクです。 限られたコースを、走行ルールに従ってバイクに乗る楽しさを身に着けることで、ルールの大切さや、麻薬以外にも楽しい世界があることを知り、更生していったのです。そして、自分たちが乗るバイクの整備を通して、責任ある仕事を理解していくのでした。この取り組みは、全米に広がり、アメリカンホンダは1万台のバイクを提供してこの活動をサポートしていきます。

――YMCAは、Young Men’s Christian Association=キリスト教青年会の略称。布教ではなく”愛と奉仕の精神”を実践することを旨とし、行政などが取り組まない教育活動の一環として「Y-RIDERS」が提案され、アメリカンホンダがサポートするに至った。