Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

hideに見出されたshame、デビュー20周年コンセプトライブのクラファン開始

配信

音楽ナタリー

デビュー20周年を迎え、再集結したshameがスタジオライブを映像化するためのクラウドファンディング「shameデビュー20周年!アルバムコンセプトスタジオライブ3公演配信&映像化プロジェクト」をMotionGalleryで開始した。 【写真】shame(メディアギャラリー他2件) shameはhide(X JAPAN)に見出され、1999年にデビューしたバンド。2001年に解散するも、近年ではイベント出演時など限定的に復活している。2020年にはこれまでに発表した3枚のアルバム「Air Pocket」「wavefrom」「3RD eye BLINKS」のそれぞれの発売日に該当アルバムをコンセプトにしたライブ企画「Time Capsules」を開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を余儀なくされた。バンドは無観客ライブの生配信などを検討したが、ファンと共に作り上げる空間を大切にしたいという思いから、実現には至らなかった。別の方法を模索する中、彼らはバンド結成時にリハーサルスタジオで向き合っていた頃を振り返り、「メンバー以外の誰が聴いていなくても我々はエネルギーをぶつけあっていた」ということを思い出した。その気付きから大規模なリハーサルスタジオを借りてライブの模様を収録、編集し、後日配信することとなった。 このプロジェクトには現在、開始から24時間を待たずに目標額180万円に対して90%を超える支援が集まっている。リターンには支援金額に応じて、新曲「Time Capsule」のクラウドファンディング限定盤CDや、「Time Capsules」Tシャツ、スタジオライブDVD、スタジオライブのスタッフ体験プランなどが用意されている。

【関連記事】