Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

劇場版『FGO』キャメロット、本予告映像公開 宮野真守「彼の行く末を、見守って」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 人気スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』初の劇場アニメーション『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』の前編「Wandering; Agateram」の本予告映像が7日、解禁された。本予告では円卓の騎士たちの戦闘シーンをはじめ、多くの新規カットが追加されている。 【予告動画】新規カット解禁!ベディヴィエール、マシュ、獅子王…人気キャラ集結  また、前編の公開に向けて、主人公である遍歴の騎士・べディヴィエールを演じる宮野真守のコメントも到着し、「本予告が公開されまして、僕も見させていただきました。迫力の演出、すばらしい映像美…アフレコを終えたのは、だいぶ前になるのですけど、ついこの間の事のように僕の中に想いが残っているので、大興奮しました。僕の中のベディヴィエールがうずいています。叫んでいます」と熱弁。  「アーサー王への想い、ベディヴィエールの罪、そして、贖罪…大事に大事に、丁寧に丁寧に、想いを込めて、全力で演じました。ぜひ劇場で、彼の命を感じてください。後編へと続く、彼の行く末を、見守ってあげてください。よろしくお願いします!」と呼びかけた。 ■あらすじ 遍歴の騎士、ベディヴィエールが辿り着いた旅の果て。そこは西暦1273年のエルサレム。かつての祈りの地は砂の大地と化し、民は住処を追われ三つの勢力が対峙する不毛の地。聖都、そして獅子王の命めいを守るべく集結した「円卓の騎士」。領地ごとこの地に召喚されるも、静かに現状打破を狙う「太陽王・オジマンディアス」。土地を奪われた民を守り、叛逆の機会を待つ「山の民」。己の成すべきことを果たすため、獅子王が統治する“聖都”を目指すベディヴィエールの前に現れたのは人理を修復すべくこの地を訪れた人類最後のマスター・藤丸立香とデミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトであった。ベディヴィエールは藤丸たちと共に、最後の探索へと歩み出す。

【関連記事】