Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

必須時事ワード!きちんと覚えておきたい「SDGs」について知っておくべきこと

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 ニュースなどで頻繁に耳にするようになった「SDGs」というワード。きちんとその意味を説明できる? そこで、私たちの未来にも大きく関わる、このキーワードの意味や日本の達成度、具体例などを解説してみよう。 【写真】未来の環境を守るために! サステナブルな取り組みを行うブランド10選

そもそもSDGsってどういう意味?

「SDGs」と書いて、読みは「エスディージーズ」。「Sustainable Development Goals」のことで、訳すと「持続可能な開発目標」となり、「2030年までに達成すべき17の目標」を指す。 2015年9月の国連サミットで定められた、よりよい世界を目指すための国際社会共通の目標/ゴールのこと。最後の小文字「s」は、複数形「Goals」の「s」。

どんな目標なの?

では、目標とはどういうものなのだろうか? 「SDGs」は、以下の17の目標と、さらにこれらを達成するために必要となる169の細かく具体的な目標で構成されている。 1. 貧困をなくそう(あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせること) 2. 飢餓をゼロに(飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進すること) 3. すべての人に健康と福祉を(あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進すること) 4. 質の高い教育をみんなに(すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進すること) 5. ジェンダー平等を実現しよう(ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行うこと) 6. 安全な水とトイレを世界中に(すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保すること) 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに(すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保すること) 8. 働きがいも経済成長も(包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用“ディーセント・ワーク”を促進すること) 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう(強靱なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図ること) 10. 人や国の不平等をなくそう(各国内及び各国間の不平等を是正すること) 11. 住み続けられるまちづくりを(包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現すること) 12. つくる責任 つかう責任(持続可能な生産消費形態を確保すること) 13. 気候変動に具体的な対策を(気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じること) 14. 海の豊かさを守ろう(持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用すること) 15. 陸の豊かさも守ろう(陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止すること) 16. 平和と公正をすべての人に(持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築すること) 17. パートナーシップで目標を達成しよう(持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化すること)

【関連記事】