Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

犬にとって“一緒にいたい飼い主”ってどんな人? 獣医師のアドバイスは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

大切な愛犬には、「飼い主さんと一緒にいると幸せ!」と思われたいもの。そこで今回は、犬が一緒にいて幸せを感じる、魅力的な飼い主さんについて探ります。ご紹介するポイントを押さえて、魅力ある飼い主さんになりましょう!

獣医師に聞いた!魅力的な飼い主さんってどんな人?

獣医師の先生によると、おとなしい犬や神経質な犬には静かに接し、アクティブな犬には元気に接する人が、犬にとって一緒にいて楽しい人であり、魅力的な飼い主さんのようです。 また、しっかりとした落ち着きがある人も、犬は一緒にいて楽しい・うれしいと思える飼い主さんなのだとか。いつでも騒がしく接する人が相手だと、犬は興奮した状態が続くため、疲れてしまう場合もあるそうです。

“愛犬のことを考える”ことが大切

ただし、犬にとって“魅力的な飼い主さん”が、必ずしもいい飼い主さんとは限りません。例えば、犬のおねだりに応じて毎回おやつを与えれば、犬はうれしいと感じるかもしれませんが、犬の健康のことなどを考えると、ベストな接し方とはいえないからです。 つまり、犬にとって本当に一緒にいたい魅力的な飼い主さんとは、愛犬のことを考えて適切な行動を取れる飼い主さんといえるでしょう。

こんな行動を取れる人は、犬にとって魅力的な飼い主さん!

以下のような接し方ができる人は、犬にとって魅力的な飼い主さんといえます。

愛犬の気持ちを理解してあげる

犬は「うれしい」「悲しい」などの気持ちをわかってもらえると、うれしくなったり楽しくなったりします。例えば、犬はストレスを感じると、しぐさや行動で飼い主さんにSOSを出すことがありますが、それにいち早く気づいて上手く対処できる飼い主さんは、犬にとって魅力的な人でしょう。

いいことをしたらたくさんほめてあげる

犬は飼い主さんからほめられると、とてもうれしい気持ちになります。ほめられることで「またやろう」とモチベーションもアップするので、いい行動はたくさんほめてあげるといいでしょう。 ちなみに、失敗などを叱っても犬には伝わりにくく、恐怖やストレスを与えるだけなので要注意。犬のしつけは“ほめて伸ばす”を意識するのがおすすめです。

犬にとって魅力的な飼い主さんになるために

獣医師の先生によると、魅力的な飼い主さんになるコツは「遊びやコミュニケーションの一環として、しつけやトレーニングを続けること」だそう。 成犬になってからもしつけやトレーニングを続けることは、いいスキンシップになるほか、お互いのことがよくわかるようになるため、犬の「楽しい・うれしい」という気持ちにつながりやすいそうです。今回は、犬にとって魅力的な飼い主さんについて解説してきました。ご紹介したポイントをおさえて、愛犬にもっと大好きになってもらいましょう! (監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師) 参考/「いぬのきもち」特別編集『いぬの「うれしい」がふえる本』(監修:獣医師 ペットライフアドバイザー 株式会社Treats代表 高倉はるか先生、ジャパンケネルクラブ、日本警察犬協会および日本動物病院福祉協会認定インストラクター 戸田美由紀先生) 取材・文/松本マユ ※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。 ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室

【関連記事】