Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『エヴァBF』のアプリゲームと超速接続の「ゲーミングトイ」シリーズが発売中!

配信

アニメージュプラス

タカラトミーグループのタカラトミーアーツが参画しているエヴァンゲリオンバトルフィールズ製作委員会は、シネマティック3Dバトルゲーム『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』(以下エヴァBF)のアプリゲームと超速接続しバトルを有利に進めることができる、アプリ連動玩具『リードコントローラー』のシリーズ第2弾と『ゲーミングフィギュア シーズン2』を2020年5月28日(木)から発売している。 【関連画像】ゲーミングフィギュア2のラインナップなど(写真7点) 『リードコントローラー』は、エヴァの上半身をモチーフとしたゲーム専用コントローラーで、スマートフォンとBluetooth®接続して使用することができるアイテム。 後頭部に手を入れ、マウスを操作するような動きで、バトル中の複雑なボタン操作を片手で直感的に行うことができる。シリーズ第1弾の『初号機Ver』と『零号機(改)Ver』に続き、今回の第2弾は『2号機Ver』と『8号機Ver』の2種類がラインナップしている。 『ゲーミングフィギュア シーズン2』は、バトルの要となる「パイロット」や、バトルを優位に運ぶ「サポート」のIDチップ搭載フィギュアを、『リードコントローラー』に読み込ませて使用することで、操作性もゲームメイクも格段にアップしたゲームを進めることができるアイテム。 『ゲーミングフィギュア』を『リードコントローラー』の両肩部分にセットすることで、瞬時にゲームにデータが反映され、超速で「パイロット」や「サポート」のセットが行える。「サポート」キャラクターごとに効果が異なるため、バトルシーンに合わせたフィギュアをタイミング良く読み込ませることで、バトルを頭脳的に有利に進めることができる。また、ゲームに使用しないときは単体フィギュアとして飾って楽しむこともできる。 シーズン2では、人気キャラクターである「式波・アスカ・ラングレー」やエヴァBFのオリジナルキャラクター「涼波コトネ」がラインナアップしている。 (C)カラー (C)EVABF

アニメージュプラス 編集部

【関連記事】