Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州の皇帝、個人戦初の頂点へ|卓球・五輪活躍プレイバック-ティモ・ボル編-

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

きたる東京五輪で日本のライバルとなり得る海外の選手について、過去の五輪での成績を振り返る五輪活躍プレイバックシリーズ。今回は欧州の皇帝、ティモ・ボル(ドイツ)編だ。 【写真】リオ五輪で銅メダルを獲得したドイツチーム 2000年のシドニー五輪で五輪デビューを果たしてから、2016年のリオ五輪まで5大会連続で五輪に出場している。欧州の皇帝として幾度となく世界の頂点に立ってきたボルだが、五輪シングルスで表彰台に上ったことは未だ1度もない。 東京で迎える6回目の五輪で自身初のシングルス表彰台を目指すボルの活躍を振り返る。

五輪デビュー シドニー五輪

<シングルス:ベスト16> 19歳で挑んだ初の五輪シングルスはベスト16に終わった。グループリーグを突破し、本戦1回戦でも強豪韓国の金擇洙を破って進んだものの、本戦2回戦でフルゲームの末オーストリアのシュラガーに惜しくも敗れ、敗退となった。 本戦1回戦:〇ティモ・ボル 3-1 金擇洙(韓国) 本戦2回戦:ティモ・ボル 2-3 〇シュラガー(オーストリア)

リベンジを果たした アテネ五輪

<シングルス:ベスト8> 世界ランキング1桁で挑んだ2度目の五輪シングルスでは4回戦で前回の五輪で敗れたシュラガー(オーストリア)と対戦した。シュラガーとの試合をフルゲームの末に制したボルは、続く準々決勝でスウェーデンのワルドナーと激突。試合はワルドナーに軍配があがり、ベスト8で姿を消した。リベンジを果たしたものの、彼にとっては悔しさの残る大会になった。 4回戦:〇ティモ・ボル 4-3 シュラガー(オーストリア) 準々決勝:ティモ・ボル 1-4 〇ワルドナー(スウェーデン)

チームでつかんだ悲願の初メダル 北京五輪

<団体:銀> 北京五輪からはダブルスに代わり団体戦が開催された。ドミトリ・オフチャロフ、クリスティアン・ズースと組んで戦った団体戦では、銀メダルに輝き自身初の五輪のメダルを手にした。 <シングルス:ベスト16> 3度目となる五輪シングルスの舞台。団体戦では悲願のメダルを手にしたものの、シングルスではまたもやベスト16での敗退に終わった。4回戦で韓国の呉尚垠に敗れ姿を消した。 4回戦:ティモ・ボル 1-4 〇呉尚垠(韓国)

【関連記事】

最終更新:
Rallys