Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“100円レンタカー&新車市場”伊藤一正社長が全日本プロレスと2年間のスポンサー契約締結を発表!「プロスポーツは選手&ファン&スポンサーの三位一体が無いと存続できない」

配信

バトル・ニュース

 28日、都内・株式会社カーベル本社内にて全日本プロレス&カーベルの合同記者会見が行われ、同社が全日本プロレスと2年間のスポンサー契約を結んだことが発表された。  株式会社カーベルは『新車市場』『100円レンタカー』『ペットの旅立ち』『コレCARラ』を全国に展開しており、創立14年目にして年商75億円を誇る急成長中の企業。2017年9月より全日本プロレスとスポンサー契約を結んでおり、現在は契約期間の途中だが、新型コロナウイルスの流行で不安になっている全日本プロレスファンを安心させるために2020年9月から開始となる次回契約の早期発表に踏み切ったという。  そして、同社の社長である伊藤一正氏は、“カーベル伊藤”の名でオリジナルのマスクを被って闘う社長兼プロレスラー。2016年にメキシコでデビューしてからは全日本プロレスの地方大会を中心に数多の団体へ参戦しており、出身地である愛媛県で活動するローカル団体・愛媛プロレスでは四国統一タッグ王座を獲得するなどプロレスラーとしてのキャリアも積み重ねている。  伊藤社長は「向こう2年間、カーベルがしっかり全日本プロレスをスポンサー、サポートさせていただきますので、安心して全日本プロレスを見守ってください!」とファンにメッセージを発信。  カーベルも新型コロナウイルスの影響で今年度の売上が15億円下がるという内情を明かした、それでもスポンサーを継続した理由について「決め手は1つ!それは僕が選手として活動しているからだと思います!もししていなければ、野球、サッカー、バレー、柔道、卓球、すべてのプロスポーツと同じように今年はスポンサーをやめていたと思います。ですが、僕が選手としてやっていたからこそ、お客さん、選手、スタッフ、会場設営に協力してくださる方の1人1人の顔が浮かんでくるんです。僕にとって皆さんは仲間だと思っていますので、少しでも仲間の役に立ちたいんです」と笑顔で語った。  そして、「プロスポーツというのは、僕の中の価値観では選手・団体と、ファン、スポンサー、この三位一体にならないと存続できないものだと思っています。だから、あらゆるスポーツのスポンサーをやられている企業さん、是非スポーツで誰かを元気に出来る人を、スポーツで誰かに感動を与えられる人を、ハッピーや感動やスマイルを与えることが出来る人を支えてあげてください。プロ・アマ問わずすべてのスポーツのスポンサーさん、サポート企業さん、是非なんとか費用を捻出していただいて、スポーツが持つ素晴らしさを失うこと無く、そういう力添えを頑張っていただきたいなと。今日の発信・メディアの報道が刺激になれば嬉しいなというのが本音です」と真剣な表情でその想いを吐露した。

【関連記事】