Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「妖怪人間ベム」リブート版アニメ・BEM映画化決定!2020年秋公開

配信

シネマトゥデイ

 「妖怪人間ベム」の生誕50周年を記念して、2019年に放送されたテレビアニメ「BEM」が『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』として映画化され、今年の秋に全国公開されることが決定、ティザーポスターと特報映像が公開された。 『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』特報映像  「BEM」は、1968年から1969年にかけて放送され、最高視聴率20%を突破した「妖怪人間ベム」の完全新作アニメ。運河を隔てて繁栄と貧困が共存する都市・リブラシティを舞台に、「人間になりたい」という願いを叶えるために、人を助け悪と戦う妖怪人間ベム・ベラ・ベロの活躍を描く。

 劇場版は、リブラシティを裏で操るもう1人の妖怪人間・ベガと激闘を繰り広げた3人が姿を消してから2年後が舞台となり、ベムと瓜二つの人間“ベルム・アイズバーグ”が現れたことで物語がはじまる。オリジナル版の放送から50年の時を経て、誰もよりも人間になることを求めた3人の辿り着く先を描くという。

 ベム役の小西克幸、ベラ役のM・A・O、ベロ役の小野賢章ら、テレビ版の声優陣が続投し、追加キャストも後日発表される。アニメーション制作は「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズなどのProduction I.Gが担当。監督は「魔法陣グルグル」「宇宙戦艦ティラミス」の博史池畠、脚本は「ポケットモンスター」シリーズなどの冨岡淳広、キャラクター原案はテレビアニメと同じく「LAST EXILE ラストエグザイル」などの村田蓮爾(れんじ)、キャラクターデザインは松本美乃が務める。(編集部・入倉功一)

『劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~』は2020年秋全国公開

【関連記事】