Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<極主夫道>滝藤賢一が“剛拳の虎”虎二郎役 「こんなにカッコイイ役が回ってくるとは」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 俳優の玉木宏さんが主演を務める10月11日スタートの連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)に、俳優の滝藤賢一さんが出演することが9月18日、分かった。滝藤さんは、“剛拳の虎”と呼ばれた武闘派・虎二郎を演じる。虎二郎は、主人公・龍(玉木さん)と双璧をなす伝説の極道だったが、現在は一人で露店クレープ屋を営んでいるというキャラクター。 【写真特集】滝藤賢一が虎二郎を演じる 原作では!?

 滝藤さんはドラマ出演について「すごくうれしかったのですが、体を鍛えないといけないことと、カツラの問題もありましたし、方言も広島弁ということで、いろいろ越えなければいけないハードルがいっぱいあり、大変なことになるだろうな、と思いました」とコメント。

 ドラマで演じる虎二郎については「正直、めちゃくちゃカッコイイですよね。マンガ原作も読みましたが、虎二郎以外考えられなかったです。まさか43歳にして、こんなにカッコイイ役が回ってくるとは、夢のようです(笑い)」と語っている。

 ドラマは、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんの同名マンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」といわれ、極道から足を洗った後に美久(川口春奈さん)と結婚して専業主夫となった龍が、家族やさまざまな事件が起こる町の平和を守る姿を描く“ヒューマンコメディー”。

【関連記事】