Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドリス・ヴァン・ノッテンらが「ファッション業界への公開書簡」 「クロエ」も賛同

配信

WWD JAPAN.com

ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)、シラ・スー・カルミ(Shira Sue Carmi)=アルチュザラ(ALTUZARRA)最高経営責任者(CEO)、そして香港の高級専門店レーン・クロフォード(LANE CRAWFORD)やセレクトショップのジョイス(JOYCE)を率いるアンドリュー・キース(Andrew Keith)社長は、5月12日にオンラインイベントを行い、実際の季節に合ったスケジュールで商品を販売することなどを提言するウェブサイト「ファッション業界への公開書簡(Open Letter to the Fashion Industry)」を立ち上げたことを発表した。 【画像】ドリス・ヴァン・ノッテンらが「ファッション業界への公開書簡」 「クロエ」も賛同

通常、春夏物は1月中旬から6月に、秋冬物は6月から9月初旬にかけて店頭に並ぶ。しかし同サイトに掲載された公開書簡では春夏物を2月から7月まで、秋冬物を8月から翌年1月まで店頭に置くことや、セールをシーズンの最後(春夏は7月、秋冬は1月)に実施することを提案。「現在は危機的な状況にあるが、ファッション業界のビジネスを根本から見直してよりシンプルにするまたとない機会だ。環境的にも社会的にも持続可能なものにすることで、顧客の要望にさらに応えられるようになるだろう」と表明している。また「不要な商品の生産を減らすことで生地や在庫の無駄を削減し、物流や輸送の負担を軽減して、サプライチェーン全体と販売スケジュールをより持続可能なものにする」ことや、デジタル・ショールームの利用を促している。

ドリスは、「この公開書簡の目的はルールを押し付けることではなく、緩やかに連帯し、業界全体によりクリエイティブな発想を促すことだ。値下げをせずに顧客を引きつける方法はいくらでもある」と語った。

キース社長は、「多くの店舗が休業していた3月上旬に、とあるオンラインプラットフォームが『シーズン真っただ中の春夏物の在庫を安く買わないか』と連絡してきたが、それで目が覚めた。こうしてすぐに値下げして売ろうとするのは、ファッション業界に長らく蔓延している病のようなものだと思う」と話した。またカルミCEOは、「強制的にロックダウンされているこの機会を無駄にしてはならない。一度立ち止まり、これまでの慣例を常識に基づいて考え直すべきだ。この公開書簡に多くの人々が賛同し、署名してくれることを願っている」と述べた。

【関連記事】