Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「iPhone 12 mini」と「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 8」は何が違う? コンパクトなiPhoneを比べてみよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia Mobile

 11月13日に発売される「iPhone 12 mini」は、10月23日に発売される「iPhone 12」のコンパクトモデルという位置付けだ。 詳細なスペック一覧  コンパクトといえば、4月に発売された「iPhone SE(第2世代)」も昨今のiPhoneとしては小さめのサイズである。  「iPhone 12 miniとiPhone SE、どちらがいいか……」と迷っている人もいるだろう。また、iPhone SE(第2世代)のベースとなった「iPhone 8」からの買い換えに悩んでいる人も少なくないはずだ。  そこで、この記事ではiPhone 12 miniと、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8の3者を比べる。参考になれば幸いだ。

サイズと重量:iPhone 12 miniは「画面が大きくコンパクト」

 今回取り上げる3モデルは、昨今のiPhoneとしてはコンパクトなボディーが特徴だ。実際の寸法を比べて見ると、どうだろうか。重量と合わせて見てみよう。 ・iPhone 12 mini:約64.2(幅)×131.5(高さ)×7.4mm、約133g ・iPhone SE(第2世代):約67.3(幅)×138.4(高さ)×7.3mm、約148g ・iPhone 8:同上  iPhone 8/SE(第2世代)よりも大きな画面を搭載しながらも、iPhone 12 miniは幅と高さを削減し、重量も軽くなっている。スマートフォンを片手で使う人にとっては、持ちやすさの面で朗報といえるだろう。  ただし、iPhone 12 miniは狭額縁設計でボディーのギリギリまで画面が広がっている。高さこそ削減できているが、片手で使う場合に親指を画面上端に持って行くのは少し難しくなっている。この点は評価が分かれるだろう。

ディスプレイ:iPhone 12 miniは「フルHD」を縮小せず表示できる

 先述の通り、iPhone 12 miniはiPhone 8/SE(第2世代)よりも画面が大きい。具体的には、iPhone 12 miniは5.4型の「Super Retina XDR(有機EL)ディスプレイ」、iPhone 8/SE(第2世代)は4.7型の「Retina HD(IPS液晶)ディスプレイ」を採用している。  iPhone 12 miniの有機ELディスプレイの解像度は1080×2340ピクセル、いわゆる「フルHD+」となっている。コンパクトではあるが、フルHD(1920×1080ピクセル)の映像を縮小せずに楽しめる。  この有機ELディスプレイの輝度(明るさ)は、通常時はiPhone 8/SE(第2世代)のIPS液晶と同じ最大625ニト(カンデラ/平方メートル)に抑えているが、HDR(ハイダイナミックレンジ)表示時は1200ニトまで引き上げられる。HDRはHDR10、HLG、Dolby Visionといった標準的な規格に対応している。ただし、ノッチ(切り欠き)があることは好みが分かれそうだ。  一方、iPhone 8/SE(第2世代)のIPS液晶は750×1334ピクセル、いわゆる「HD+」解像度になっている。HD(1280×720ピクセル)の映像は縮小せずに楽しめる。HDR表示には対応していないものの、「DCI-P3」規格をカバーした広色域パネルを採用しているため、スマホ用ディスプレイとしては色再現性は高めである。  とはいえ、映像作品をより美しく楽しみたいならiPhone 12 miniがおすすめだ。

【関連記事】