Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「神様になった日」主人公役・花江夏樹ら追加キャスト発表 第1弾アニメPV&キービジュアルも公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アニメ!アニメ!

Key×ANIPLEX×P.A.WORKSによるオリジナルTVアニメ『神様になった日』(2020年10月放送開始)より、アニメ映像初お披露目となる第1弾アニメPVが公開された。 あわせて、スタッフや花江夏樹らキャストの情報も発表され、第1弾アニメキービジュアルも到着した。 【フォト】『神様になった日』第1弾アニメPV場面カットを見る 『神様になった日』は、『Angel Beats!』の放送から10年、『Charlotte』の放送から5年の時を経て制作される、Key×ANIPLEX×P.A.WORKSによるオリジナルアニメ企画第3弾だ。 大学受験を控えた日々を送る主人公・成神陽太の目の前に、ある日突然“全知の神”を自称する少女・ひなが現れたことをきっかけに、“世界の終わり”に向けて騒がしいひと夏が始まる。 このたび公開された第1弾アニメPVは、これがアニメ映像初出しとなるもの。メインヒロインのひなのほか、メインキャラクターもアニメ映像として動く大注目の仕上がりだ。 あわせて到着した第1弾アニメキービジュアルには、青空のもとにひなと陽太の2人が描かれている。 そしてメインスタッフは、既に発表されていた浅井義之監督のもと、キャラクターデザイン・総作画監督を『冴えない彼女の育て方』や『ご注文はうさぎですか?』の仁井学、音楽をMANYOと麻枝准が担当することが明らかに。 メインキャストは、メインヒロインであるひな役の佐倉綾音のほか、主人公の成神陽太役を花江夏樹、陽太の幼馴染みの伊座並杏子役を石川由依、陽太の悪友の国宝阿修羅役を木村良平、陽太の妹の成神空役を桑原由気が演じることがわかった。 麻枝准の“原点回帰”をテーマとして掲げている『神様になった日』。麻枝准が立ち返る“原点”とはどういった物語になるのか、10月からの放送に向けた盛り上がりにますます注目だ。 TVアニメ『神様になった日』は2020年10月より、TOKYO MX ・群馬テレビ・とちぎテレビ・BS11・ABCテレビ・メ~テレにて放送開始。 TVアニメ『神様になった日』 <スタッフ> 原作・脚本:麻枝 准(VisualArt’s/Key) 監督:浅井義之 キャラクター原案:Na-Ga(VisualArt’s/Key) キャラクターデザイン・総作画監督:仁井 学 美術監督:鈴木くるみ 撮影監督:梶原幸代 色彩設計:中野尚美 3D 監督:鈴木晴輝 編集:高橋 歩 音響監督:飯田里樹 音楽:MANYO ・麻枝 准 アニメーション制作:P.A.WORKS <キャスト> ひな:佐倉綾音 成神陽太:花江夏樹 伊座並杏子:石川由依 国宝阿修羅:木村良平 成神空:桑原由気 (C)VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project

アニメ!アニメ! 仲瀬 コウタロウ

【関連記事】