Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本県魅力 空からPR Vチューバー「岩手さちこ」デザイン FDA機歓迎イベント・花巻

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 県は、花巻―名古屋線を就航するフジドリームエアラインズ(FDA)とネーミングライツ(命名権)契約を継続し、「黄金の國、いわて。」号と名付けた9号機を空の広告媒体として全国でプロモーションを展開している。契約5年目を迎え、機体にはこれまでの県公式キャラクター「そばっち」に代わって県公認バーチャルユーチューバー(Vチューバー)「岩手さちこ」が描かれ、2021年3月末まで全国17都市を結ぶ23路線で岩手をPRしていく。  岩手さちこが描かれたゴールド色の機体は2日、いわて花巻空港に初到着。同空港ターミナルビルで歓迎イベントが行われ、県とFDAの関係者らが、乗客35人に県産品の詰め合わせと観光パンフレットなどの記念品を配布したほか、エプロンで41人が搭乗した折り返し機の出発を見送った。  県は2016年度にFDAから命名権を取得。黄金色に施された機体の搭乗口ドア横と後方に「そばっち」のイラストを配置し、本県の観光や物産のPRに努めた。5年目の契約更新に合わせ、イラストには道着姿の少女を描いたVチューバー「岩手さちこ」を起用。機体のほか、機内シートのヘッドレスカバーにも用い機内誌の広告掲載などで岩手の魅力をアピールする。  県観光・プロモーション室の千葉敬仁プロモーション課長は「秋冬の観光シーズンを迎えるほか、来年の東北デスティネーションキャンペーンを控えているので岩手の魅力を発信していきたい」と期待を込める。FDA花巻空港支店の中尾仁支店長は「契約5年の節目に合わせ9号機のデザインを変えて運航し、日本全国に岩手の観光をPRしていきたい」と話した。  9号機の運航状況は同社ホームページなどから確認できる。

【関連記事】