Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お酒のアテにぴったり!”めんたいチューブ“で簡単おつまみレシピ5選

配信

ウォーカープラス

福岡だけでなく、全国で愛されている「やまや」の明太子。最近は、普段の料理に手軽に取り入れられる明太子の加工品も評判だ。特に「めんたいチューブ」は、定番のからしめんたいをはじめ、クリームチーズめんたいやはちみつチーズめんたいなど個性的な味を展開し、人気を博している。 今回は家飲みがもっと楽しくなる、「めんたいチューブ」を使ったおつまみレシピを5つご紹介。さっと絞るだけで、いつもの料理をグレードアップさせてくれるこれらのレシピは、試してみる価値あり! 【写真】やみつき!明太ポテトサラダ ■[1]クリームチーズ明太のサーモンサラダ~はちみつチーズ明太ドレ~ 「めんたいチューブ」のクリームチーズめんたい&はちみつチーズ味の2種を使って、前菜にもなる洋風おつまみを作ろう! 材料(1人前) ・刺身用サーモン(薄切り) 1パック ・キュウリ 1本 ・ミニトマト(黄・オレンジ) 4個 ・レモン 1/2個 ・トレビス・ディル 少々 ・「めんたいチューブ」クリームチーズめんたい 適量 A 「めんたいチューブ」はちみつチーズめんたい 大さじ1 A 酢・オリーブオイル 各小さじ2 A コショウ 少々 下準備 キュウリは、ピーラーでスライスする。 ミニトマトは半分に切る。 レモンは薄い輪切りにする。 作り方(約10分) 1.お皿にレモンを敷き、刺身用サーモン(薄切り)を3枚ずつ重ねて薔薇の形にしたものをのせる。 2.キュウリのスライスはくるくると巻き、お皿に飾る。穴には「めんたいチューブ」クリームチーズめんたいを絞る。 3.ミニトマト(黄・オレンジ)、トレビス・ディルを、バランスよく盛り付ける。お好みで、粒マスタードを添える。 4.Aを合わせて、ドレッシングを作る。 5.4のドレッシングをかけ、「めんたいチューブ」クリームチーズめんたいをサーモンにつけて食べる。 ■[2]明太ポテトサラダ 「めんたいチューブ」からしめんたいを使った、やみつきになるポテサラ。しっかり混ぜないことで、明太子が混ざった部分と混ざっていない部分を作り、味に変化を出すのがポイント! 材料(2人前) ・「めんたいチューブ」からしめんたい 50g ・ジャガイモ 2個350g(皮をむいた正味300g位) ・タマネギ 1/4個 ・塩 小さじ1/5 ・砂糖 小さじ1 ・酢 小さじ1/2 ・マヨネーズ 大さじ5 ・バター 大さじ1/2 ・大葉(みじん切り) 2枚 作り方(約20分) 1.ジャガイモはピーラーで皮をむき、流水で洗った後ラップで包み、耐熱ボウルに入れて更にラップをかける。電子レンジ(600W)で3分加熱し、ジャガイモの上下を返し、さらに3分加熱する。爪楊枝を刺してみて、固かったら追加で1~2分加熱する。 2.1を別のボウルに出し、砂糖、酢、バターを入れ、熱いうちに木べらで粗く潰しながら、1~2cm角の塊がゴロゴロ入っている状態まで混ぜ、冷ます。 3.タマネギを薄切りにし、塩をふって混ぜてしばらく置く。ボウルに入れて水に晒し、手で握って水気をしっかり絞る。 4.2のジャガイモとタマネギ、マヨネーズを混ぜ合わせ、「めんたいチューブ」からしめんたいを加え、さっくり混ぜ合わせる。 5.皿に小高く盛り付け、千切りにした大葉をちらす。 ■[3]鶏むね肉の大葉焼鳥明太レモン 焼鳥を家飲みでも!焼酎やビールと相性抜群の一品にトライしよう。 材料(2人前) ・「めんたいチューブ」からしめんたい 大さじ2~お好みで ・鶏ムネ肉(330g、皮を除いた正味300g) 1枚 ・大葉 15枚 ・レモン 適量 ・サラダ油 大さじ1/2 A 片栗粉 大さじ1 A 日本酒 大さじ1 A 梅肉 小さじ1 A ニンニク(すりおろし) 小さじ1/4 A 鶏ガラスープの素 小さじ1/2 作り方(約20分) 1.鶏ムネ肉は皮を取り、2cm角位に切る。まな板に並べ、肉たたき、もしくは麺棒で肉の繊維が少し崩れるくらいまでたたく。 2.1をポリ袋に入れ、Aを加えて口を閉じ、手でもんで調味料をなじませる。 3.大葉を縦半分に切り、まな板に並べる。2を均等に大葉の上にのせて巻き、竹串に5個づつ刺す。 4.フライパンにサラダ油を入れて弱火にかける。温まったら、3の串を重ならないように入れ、フタをして5~6分焼く。串を裏返し、再びフタをして5~6分焼く。 5.皿に盛り、「めんたいチューブ」からしめんたいを別皿に絞り出し、菜箸でつまんで焼鳥にのせ、レモンを添える。 ■[4]明太油塩鶏 仕上げの「めんたいチューブ」からしめんたいのトッピングで、さっぱりとした鶏ムネ肉の旨味をアップ! 材料(2人前) ・「めんたいチューブ」からしめんたい 大さじ2 ・鶏ムネ肉 1枚(300g) ・ブロッコリー(茹でたもの) 適量 ・ミニトマト 適量 ・オリーブオイル、料理酒 各大さじ2 A片栗粉 大さじ1 A料理酒 大さじ1 A鶏ガラスープの素 小さじ1/2 Aしょう油 小さじ1/2 Aはちみつ 小さじ1/2 A おろしにんにく 小さじ1/4 作り方(約15分) 1.鶏ムネ肉は一口大に切り、まな板に広げ、麺棒などで軽くたたく。これをポリ袋に入れ、Aを加えたら口を閉じ、手でもんでなじませる。 2.フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかける。温まったら1を入れて広げ、料理酒をかけてフタをし、5分加熱する。裏返し、再びフタをして反対側も5分加熱する。火を消し、フタをしたまま5分蒸らす。 3.皿に盛り付け、茹でブロッコリーとミニトマトを添える。「めんたいチューブ」からしめんたいを別皿に出し、菜箸でつまんで鶏ムネ肉の上にのせる。 ■[5]餅チーズ明太の春巻きおつまみ とにかくビールがすすむ!スティック状の形も食べやすく、止まらないおいしさ。 材料(2人前) ・「めんたいチューブ」めんたいフランス 適量 ・春巻きの皮 5枚 ・大葉 10枚 ・スライスチーズ 5枚 ・切り餅 2個 ・揚げ油 適量 作り方(約30分) 1.スライスチーズ、大葉、春巻きの皮は半分に切る。 切り餅は5mm幅の棒状に切る。 2.春巻きの皮に、大葉、スライスチーズ、「めんたいチューブ」めんたいフランス、切り餅の順にのせて包み、巻き終わりに水をつけて留める。 3.160度に熱した揚げ油に2を入れ、表面がきつね色になるまで揚げてバットに移し油をきる。

【関連記事】