Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユーティリティが苦手! その原因、“ヘッド”じゃなくて“シャフト”かも!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

やさしく飛ばせるユーティリティはプロアマ問わず大人気、のはずだが、中には苦手意識を持つアマチュアもいる。その理由を「純正シャフトのまま使っているからかもしれません」というのは、業界屈指のギアオタクでクラブフィッターの小倉勇人。詳しく話を聞いてみよう。

純正シャフトだと他のクラブと比べて重量が軽くなってしまうかも

みなさんこんにちは、ギアオタク店長の小倉です。今回は、少しマニアックなお話です。 みなさんはユーティリティ(以下UT)を使われているでしょうか。UTはクラブのジャンルとしては一番新しく、フェアウェイウッドとアイアンの間を埋めるクラブとして誕生し、今ではフェアウェイウッドを小さくしたような形状のモデルをウッド型、アイアンを太らせたような形状のモデルをアイアン型とUTの中でも使用目的に合わせて進化を果たしています。 ウッド型はフェアウェイウッドの強みであるボールの上がりやすさや打点のミスへの強さを持ちつつ、フェアウェイウッドより短くミートしやすいといった特徴があります。 アイアン型はアイアンの強みである、方向性の良さや弾道の強さを持ちつつ、アイアンよりもボールが上がりやすくミスに強い特徴があります。どんな弾道が打ちたいかはもちろん、ミスの傾向や得意なクラブに合わせて選べるので長いコースで結果を出さなければならない競技に出ているアスリートやツアープロに重宝されています。 そんな便利なUTはもちろんアマチュアにも効果的です。当店にいらっしゃる方のほとんどがバッグにUTを入れています。そんな大人気のUTですが、アマチュアの方にUTのお話を聞くと得意という方と苦手という方に結構ハッキリ分かれる傾向があります。これは私が直接お会いして聞いた経験談なので一般的ではないかもしれませんが、結構好き嫌いがはっきりしているクラブという印象があるんです。 そこで得意という方のUTと苦手という方のUTを気にして見るようになったのですが、得意といわれる方のUTは必ずというほどリシャフトされているか他のクラブとの重量が合っているモデルを使われています。反対に苦手という方のUTは、純正シャフトのままで他のクラブと比べて重量が軽いモデルを使われていることがほとんどでした。 UTというジャンルは専用ブランドがあるなど、単品で買いやすいクラブです。それなりに長い距離を打つクラブでもあるので、誰もがやさしいモデルを求めます。しかしUTに限らないことですが、やさしいと言われるモデルは総重量が軽めに作られていることが多く、そういったクラブをバッグの中に入れてしまうと他のクラブとの重量が合わず、かえってミスしやすいクラブになってしまうことが多いのです。 UTは上手く使えばウッドが苦手、もしくはロングアイアンが苦手といったゴルファーにとって間違いなくプレーを楽にしてくれるクラブです。しかしそのためには自分の求める弾道に合わせたヘッド、そして今使っているクラブとの重さや特性を合わせたシャフトを選ぶ必要があります。 今ではUT専用のシャフトもたくさん市販されていますし、UTのモデルの多くはアイアン用のシャフトを流用できます。もちろんお金はかかりますが、ドライバーやフェアウェイウッド用よりも安価ですので、それほどリシャフトのハードルは高くありません。UTが苦手だという方は一度今使っているモデルを見直してみてください。ひと手間かければ魔法の杖に変身してくれるかもしれませんよ。

小倉勇人

【関連記事】