Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小室圭さんで話題の米ロースクール、コロナ禍の夏休みと学生生活のリアル!

配信

オトナンサー

 小室圭さんが留学している米ニューヨークのフォーダム大学は、イエズス会系の名門私立大学として知られています。現在履修しているJDコースを修了すれば、法務博士の学位が与えられますが、新型コロナウイルスの影響でその学生生活にも変化が現れています。  今回は、ニューヨーク州弁護士のリッキー徳永(徳永怜一)さんに、現地の様子について伺います。徳永さんは日本の大学を卒業後、単身渡米し、ルイジアナ州ニューオリンズのTulane University Law School(LLM)に留学。ニューヨークに拠点を移して法律事務所で7年間勤務し、米国現地企業や日系企業に対する法的助言や契約書などの作成を担当しました。現在、シンガポールを拠点にしながらグローバルに活動しています。

ロースクールの現状はどうなのか

 米国では感染者数が約194万人と最も多く、感染拡大の中心となっているニューヨークは全米の感染者の2割弱、死者の4分の1を占めています。その影響は、ロースクールなど大学の運営にも飛び火しています。 「小室さんが通うフォーダム大はニューヨークの他大学同様、依然として閉鎖されたままとなっています。ニューヨークは全米でも感染者が多く、リスクが高いですが、幸いにも授業はオンラインで完結するため、多くの留学生が帰国している状況です。しかし、新学期が始まる9月から対面での授業が再開されるめどは立っていません」 「フォーダム大のホームページによると、7月には状況が分かる見通しですが、大学の判断だけで再開することはできず、保健当局などからの指示次第でしょう。再開できることになるとしても、教室に入れる人数は限定され、ソーシャルディスタンスを求めれます。対面式とオンライン受講を組み合わせて最適化させる必要があるでしょう」  徳永さんが留学したときは、授業は100人規模、休み時間には廊下に集まって雑談するのが日常でした。この見慣れた光景も今後は変化していきそうです。 「最近は大学として学生の安全を第一に考え、生活と勉強の両面から全力でサポートする姿勢が見受けられます。アメリカでは、大学、学生、地域の連携が強いからです。そのため、地元の大学の学生であることは大きな支えになります。このような状況だからこそ、大学の丁寧な対応が求められているのです」

【関連記事】