Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレビ会議ツール8種類を一挙採点「Zoomは25点満点で17点」

配信

SmartFLASH

 コロナ禍により、すっかり日常となりつつあるテレビ会議やオンライン飲み会。だが、テレビ会議用のツールは意外と数が多く、どのツールを使うか迷いがちだ。そこで今回、主要8ツールの長所と短所を比較検討してみた。企業間でのやり取りに向くものもあれば、一対一での会話を想定したもの、あるいは対談の配信に適しているものなど、さまざまな特徴がある。以下、ITジャーナリスト・三上洋氏に採点してもらった。  8ツールとは、【Zoom】【Google Meet】【Microsoft Teams】【Whereby】【LINE通話】【Webex】【Skype】【Stream Yard】であり、使いやすさ/値段/同時接続人数/画質・音質/セキュリティの5項目を5点満点で採点した。最高得点は25点となる。 【Zoom】17点 ○使いやすさ:☆☆☆☆☆ 「ご存知のとおり、このコロナ禍で最もユーザー数を伸ばしたツールです。操作が非常に簡単で、リンクだけで会議に参加でき、細かい設定もいじれる手軽さが魅力といえるでしょう。  バーチャル背景を変えることもできますが、パソコン版だとバージョンの条件があるため、できる人とできない人がいます。一方、スマホ版では簡単に変更できるといった違いもあります」(三上氏、以下同) ○値段:☆☆☆(企業向けプランは除外) 「無料版は、3人以上の会議だと40分という時間制限があります。主催者が月2000円の有料プランに入ってしまえば、24時間にまで広がります。正直、40分という時間制限はきついものがあるかと思います。ただ、一般のオンライン飲み会では、時間が長引いて嫌がる人が出てくる現象もありますよね(笑)。逆に40分で区切ってもらった方がいいんじゃないか、という意見もよく聞きます」 ○同時接続人数:☆☆☆ 「無料版では同時接続100人、有料版も同じです」 ○画質・音質:☆☆☆ 「どちらも可もなく不可もなく、といった印象です」 ○セキュリティ:☆☆☆ 「Zoomが爆発的に使われ始めた時期、多くの問題が取り沙汰されました。3月~4月頃は、『Zoom爆撃』という、勝手に知らない人間が会議に侵入してしまう事態が続出しました。暗号化が不十分と言われたり、データを中国に送っていたという話も一部で指摘されていました。また中国政府からの要請で天安門事件の会議が中止されたこともあり、信用度が大きく落ちています。  こうしたツールは利便性を高めれば高めるほど安全性は低くなるし、安全性が高まれば高まるほど使いにくくなる。そもそも両立しないものなんです。ただ、株価が上がっているタイミングでセキュリティが大叩きされたこともあり、改善の努力が見られます。今後に期待です」 【Google Meet】21点 ○使いやすさ:☆☆☆☆☆ 「Googleには、テレビ会議ツールとしては老舗のハングアウトというテレビ通話サービスがあるんですが、ここからテレビ会議ツールとして派生したものがMeetです。  最近では、アンケート機能やタイル表示(画面上に表示できる人数)も16人まで増えるなどの機能拡充が計画されています。操作も比較的簡単です」 ○値段:☆☆☆☆ 「無料版の場合、基本的に会議は1時間まで(9月30日までは24時間まで)。有料版になると、月10ドル(約1100円、9月30日までは無料)。会議の長さは300時間までになります」 ○同時接続人数:☆☆☆ 「無料版は100人、有料版は150人になります。可もなく不可もなくといった規模感でしょうか」 ○画質・音質:☆☆☆☆☆ 「画質・音質ともにいいです。画質は720Pというサイズに対応しているため、かなり綺麗に映ります。私自身、毎週、大学の非常勤講師としてオンライン講義をしているんですが、その際にはMeetを使っています。全体で90何人という人数を入れても、非常に安定しています」 ○セキュリティ:☆☆☆☆ 「現時点で、特に問題は報告されていません」

【関連記事】