Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【WLN女子部発】“三日月が時を知らせる”HERMES(エルメス)の新作を実機レビュー

配信

ウオッチライフニュース

【モデル紹介】

 女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。今回はHERMES(エルメス)の代表的コレクション“ARCEAU(アルソー)”から2019年末に発表されたレディースモデル、ARCEAU RONDE DES HEURES(アルソー ロンド デ ズゥール)を紹介する。  アルソーといえば、ラウンドケースに流れるようなフォントのアラビアインデックスを採用したエルメスを代表するコレクションだ。現行モデルでは、白文字盤に黒字のインデックスを採用したシンプルですっきりとしたデザインがメインだったが、今回はデザインを一新。まるで文字盤を夜空に描いたような特徴的な意匠に心引かれたので、取材を申し込んだ。  幻想的な三日月の意匠や、特徴的なインデックスなど、思わず興味が引かれるポイントが満載の時計だが、今回の新作の特徴を紹介する前に、まずはアルソーコレクションの基礎情報を紹介していこうと思う。  “アルソー”は鐙(あぶみ)の象形から着想を得た上下非対称なラグが特徴的。鐙とは、古くから乗馬の際に、人間が足をかける道具として使われてきた馬具だ。ちなみに“アルソー”はフランス語で“アーチ”を意味している。  “アルソー”が誕生したのは1978年。エルメスの時計製造部門である“ラ・モントル・エルメス社”(現“エルメス・オルロジェ社”)の設立と同じ年に、デザイナーのアンリ・ドリニー氏によって誕生したコレクションである。  アンリ・ドリニー氏は、これまでスカーフ、シルク、ネクタイなど様々な製品を生み出してきたエルメスと縁の深いデザイナーである。彼が手がけた“アルソー”は、同じく彼が考案した“ケープコッド”と並ぶ、エルメスを代表する時計といえよう。  “アルソー”の特徴といえばラウンドの文字盤に配された、流れるような細く美しい独自のインデックス。どんなにシンプルな文字盤でもこのインデックスを見ただけで“アルソー”とわかるほど、アイコニックなフォントだ。それは馬がギャロップしたときのたてがみが流れるようなイメージで作られたのだという。細かいディテールにも、馬具工房として発足したエルメスらしいデザインが盛り込まれているのである。  さて、これまで“アルソー”の基本情報をお伝えしてきたが、改めてこの時計を見ると、インデックスの数字も普段見る時計とは違ううえ、針も1本しかないのが気になる。時刻を見るうえで鍵となるのが、文字盤の10時位置に配された三日月だ。

【関連記事】