Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルクセンブルク大公国のプリンスにロイヤルベビーが誕生! 名前は「シャルル・ジャン・フィリップ・ジヨゼフ・マリー・ギヨーム」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 5月10日(現地時間)、ルクセンブルグのギヨーム大公世子とステファニー妃に第1子となる公子が誕生! 大公宮殿はツイッターでこのハッピーなニュースを発表。大公世子夫妻が同日午前5時13分(現地時間)に生まれた長男に、「シャルル・ジャン・フィリップ・ジヨゼフ・マリー・ギヨーム」と命名したことを明らかにした。誕生時のシャルル公子の体重は3.19 kg、身長は50 cmとのこと。 【写真】お世継ぎ候補!世界のロイヤルキッズ35

シャルル公子は、アンリ大公とマリア・テレサ大公妃にとっては5人目の孫となる。夫妻はシャルル公子とリモートで対面したそう。 ギヨーム大公世子はマスコミに向け、長男の誕生について複数の言語でコメントを発表。その主な内容は、次のとおり。 「今日は妻にとっても、私にとっても素晴らしい日です」「おそらく私たちの人生において、最も素晴らしい日となるでしょう…」 公子はまた、新型コロナウイルスによる危機のなかで公子が誕生したことは、“神の恵み”だと述べている。 「通常よりも困難なときにおいて...誕生は、希望のメッセージです」「これは神の祝福です。ルクセンブルクだけでなく、国境を越えたすべての国々にこれをお伝えできることを、とても嬉しく思います」 画像を通じてその姿はすでに公開されたけれど、きっと大公夫妻も国民も、直接シャルル公子に会える日が一日も早くを来ることを待ち望んでいるはず!

From TOWN&COUNTRY

【関連記事】