Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トラップミュージック史(2)アトランタ、フロリダのムーブメントで変化したサウンドの定義

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

トラップ以外のアトランタ発のムーブメント

(トラップミュージック史(1)サブジャンルとしての誕生とメインストリーム進出の背景 から続き)  トラップの人気が拡大する中、アトランタからはトラップ以外のムーブメントも生まれていた。これらのムーブメントに乗り登場したアーティストたちが後にトラップに合流し、トラップをさらなる高みに持って行くこととなる。  2005年頃にポスト“クランク”的なポジションで人気を博した、スナップミュージックもその一つだ。クランクと同じ遅めのBPMで、808や指を鳴らすスナップ音を使ったクラブ向けのサウンドが特徴だ。スナップの代表的アーティストには、Yung JocやDem Franchize Boyz、そしてD4Lなどが挙げられる。4人組グループのD4Lはヒットシングル「Laffy Taffy」を収録した2005年のアルバム『Down for Life』以外にグループとしての作品を残していないが、メンバーのShawty Loは特に精力的にソロ活動を行っていた。スナップからシーンに登場したが、2007年にはYoung Jeezy系のトラップビートでゆったりとしたラップを聴かせるソロ曲「Dey Know」をヒットさせ、2008年にはソロアルバム『Units in the City』をリリース。ストリート寄りのラッパーとして評価を確立した。また、同じD4Lのメンバーでは、振り切ったテンションと歌うようなフロウを持つFaboも人気を集めた。のちに登場するMigosがShawty Loのソロ曲「I’m Da Man」のパンチラインを2017年のシングル「T-Shirt」で引用するなど、この2人のラッパーは後進のラッパーに大きな影響を与えた。  2008年頃には、“フューチャリスティック・スワッグ(単にフューチャリスティックとも)”というムーブメントも話題となった。代表的アーティストは、Yung L.A.やRoscoe Dash、Travis Porterなど。陽気なホーンやギター、手数の多いドラムを使った、T.I.やYoung Jeezyのトラップから緊張感を解いたようなパーティラップのムーブメントだ。後にPost MaloneをサポートするプロデュースチームのFKiも、この時期にTravis Porterの周辺からシーンに登場した。また、同時期の2009年に1stアルバム『Butter』をリリースしていたUKのビートミュージック畑のプロデューサーのHudson Mohawkeは、“フューチャリスティック・スワッグ”との共通点がたびたび指摘されていた。その後Hudson Mohawkeはヒップホップに接近し、Luniceと組んだTNGHTでの活動などによりトラップを他ジャンルにまで広める手助けをすることとなる。

【関連記事】