Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

楊貴妃が好んだ「ライチ」の里でPRイベント、ネット販売も活気

配信

CNS(China News Service)

【CNS】楊貴妃が好んで食べたといわれるライチの名産地、中国・広東省(Guangdong)高州市(Gaozhou)でPRイベントが開かれており、観光客や企業関係者でにぎわっている。 【関連写真】ライチのデザインを機体に施した中国南方航空の「広東ライチ号」  高州市のライチ栽培は紀元前の秦の時代までさかのぼり、唐の時代には皇室に上納された。楊貴妃が好んだライチも高州産だったといわれ、地元は「大唐ライチの里」と呼ばれている。現在、高州市内のライチの植栽面積は約366平方キロに及び、30種類以上の品種がある。  ライチの出荷が始まる4月中旬から、ライチの宣伝や販売のため一連のPRイベントを開催。中国ライチ産業大会やライチ文化フェスティバル、ライブ販売などが行われているほか、同じライチの産地・雲南省(Yunnan)やリンゴの名産地・陝西省(Shaanxi)と連携したイベント「ライチは北へ、リンゴは南へ」も開催した。  今年のライチは豊作の見込みで、高州市内の総生産量は20万トンを超えると予想されている。高州ライチをインターネット販売している地元のeコマース企業は1200社を超え、微信(ウィーチャット、WeChat)を通じて販売する大型Eコマース企業が3000社以上に上る。5月15日には高州市でライチのバイヤー会議が開かれ、全国から70社以上の企業が参加。合計5万トンのライチ購入を注文した。(c)CNS/JCM/AFPBB News ※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

【関連記事】