Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

YOASOBI、新曲「ハルジオン」MVプレミア公開 橋爪駿輝による原作小説電子版も配信開始

配信

リアルサウンド

 YOASOBIが、本日5月11日に新曲「ハルジオン」をリリース。同日20時より、YouTubeにて同楽曲のMVをプレミア公開する。  この曲は、5月12日より発売の超没入エナジードリンク「ZONe Ver.1.0.0」が仕掛けるコラボ企画「IMMERSIVE SONG PROJECT(イマーシブ ソング プロジェクト)」への書き下ろし楽曲。eカルチャー(V Singer、絵師、eスポーツなど最先端テクノロジーとSNS時代から生まれた新しい、音楽、アート、ゲーム)をつくるクリエイターとファンをサポートするエナジードリンク『ZONe』のコンセプトである「IMMERSIVE=没入」をテーマにしている。  今回のMVは、宇多田ヒカルや私立恵比寿中学などさまざまなアーティスト、また『物語』シリーズや『Fate』シリーズなどアニメーション作品に関わる演出を手掛け、実写・アニメ・3Dと次元を超えた表現を得意とするクリエイティブチーム・異次元TOKYOの篠田利隆が監督を務める。また、神聖かまってちゃん「るるちゃんの自殺配信」MVや多くの自主制作アニメでポップかつエッジーな世界観を表現しているクリエイター・ラビットマシーンがキャラクター・アニメーションを担当。美しすぎる思い出と不条理な現実に押しつぶされそうになりながらも、大切な人の言葉をきっかけにまた立ち上がろうとする主人公の“挫折”と“没入”と“覚醒”を描いた映像になっている。  また、今回の原作である橋爪駿輝による書き下ろし短編「それでも、ハッピーエンド」 は、現在「IMMERSIVE SONG PROJECT」特設サイトにて公開中。本編に加え、 後日譚とも言えるあとがき、そしてYOASOBIの二人からのメッセージ「from YOASOBI」を追加した電子書籍版が、本日5月11日より主要電子書籍ストアにて配信開始となった。  さらに、コラボ限定パッケージを専用サイトからスマートフォンで見るとARスペシャルコンテンツが楽しめる「ZONe ARカメラ」も5月12日より公開。「MMERSIVE SONG PROJECT」に同じく参加しているキズナアイがMCを務める音楽情報番組『VMZ』5月12日放送回に、YOASOBIがにトーク出演する。

リアルサウンド編集部

【関連記事】