Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

垂れ尻をキュッと上向きに! 超簡単10秒ストレッチのやり方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

ぷりっと引き締まったお尻が、きついトレーニングなしで手に入ったら? イスに座りながらできる超簡単「やせストレッチ」は、股関節をほぐすことでお尻を持ち上げる2つの筋肉をアクティベートしてくれる。体を変える即効ストレッチを、ボディコーディネーター山崎麻央さんがレクチャー! ペタンコおなか&くびれをつくる「やせストレッチ」編も要チェック。 【写真】ペタンコおなか&くびれをつくる「やせストレッチ」編

お尻が垂れる原因は、股関節の固さにある!

お尻をキュッと上げるには、お尻の筋肉と太ももの裏側の筋肉(ハムストリング)を“使える状態”にすることが大切。でも股関節が固いと、歩くなどの日常の動作で前モモばかりを使ってしまっている可能性が大。すると、日々の生活でも鍛えられるはずのお尻を持ち上げる筋肉が、みるみる弱っていってしまうというわけ。 歩くときに、脚を持ち上げる力、前方に踏み込む力ばかり大きくて、後方に蹴り上げる力をあまり感じられないなら、股関節が固くなっているサイン。 「やせストレッチ」で股関節をほぐして、お尻を支えて上げる筋肉を使える状態にしていこう。

下がったお尻を上向きにする、やせストレッチ・その1

1. イスに軽く腰をかけ、両手を後方につき、ひざを90度開く。 2. 息を吐きながら、ひざを内側に大きく回す。 3. なるべく骨盤は動かさないように、ひざで円を描くように脚を回す。 4. 左右5回ずつ行う。

これはNG

足に力が入っていると、股関節を使えないのでリラックスして行って。

引き締まったお尻に! やせストレッチ・その2

<準備> 左右のこぶしを仙腸関節に当て、グリグリと押しほぐす。 ★股関節と連動しているお尻の関節、仙腸(せんちょう)関節をほぐしてから、お尻を鍛えるストレッチをすると効果がアップ!

1. 腕の力を抜いて体側に下ろし、左足を右ひざの上に乗せる。 2. 背筋を伸ばし、息を吐きながら10秒間かけて上体を前に倒していく。 3. 反対側も行う。

毎日1つでいいから続けることが、痩せる近道!

体に染みついたクセを直して、根本的に変えていくには毎日1つでも「やせストレッチ」を行うこと。習慣化するときに注意することは、以下3つ。 ・深い呼吸とともに行う ・10秒かけてゆっくり伸ばす ・気持ちいい範囲で伸ばす(無理は禁物) 始めて1週間で、筋肉がほぐれて体が軽くなる、血流がよくなる、といった変化を感じられるはず。継続は力なり!ぜひ続けてやってみて! お話を伺ったのは... ソラーチェ代官山 代表 パーソナルトレーナー山崎 麻央 加圧、FTP ピラティスインストラクター。臨床分子栄養医学研修会認定カウンセラー。慶応大学卒業後、外資系IT企業に10年間勤務。出産を機に退職し、加圧トレーニングやピラティス、インディバ、食カウンセリング他、多角的に体のケアを行うプライベートスタジオをオープン。自ら指導を行うほか、雑誌や書籍の監修、化粧品・健康食品等の開発にも携わっている。著書『10秒やせストレッチ』(三笠書房)は好評発売中。Facebook | Instagram

【関連記事】