Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

こんなにもストレスフルな社会で「無糖レモン飲料」需要が伸びる理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

近年続く、レモンサワーブーム。 2020年1月1日、ローソンから販売された「LEMON SOUR SQUAD from NAKAMEGURO」は、1カ月で累計販売本数が100万本の大ヒット商品となった。 【全画像をみる】こんなにもストレスフルな社会で「無糖レモン飲料」需要が伸びる理由 実は、非アルコールの無糖飲料市場でも「レモン人気」が広がっている。 中でも、無糖炭酸水市場の売り上げは、2015年の3000万ケース規模から2019年には5000万ケース規模へと、1.6倍に拡大。そのうち、レモンフレーバー市場に限ると、約2倍に成長しているという(サントリー調べ)。 飲料市場規模は横ばいなので、レモン比率が相当、高まっているということだ。 なぜ、私達はこれほどまでにレモンに心惹かれてしまうのだろうか。

温暖化にストレス社会。環境の変化がレモンを求めるきっかけに

「レモンフレーバーは流行というより、以前からずっと素材として使われていたものです。ただ、ここ数年夏が暑いこともあり、清涼感、すっきり感のあるレモン飲料が現状に合ってきていのではないでしょうか」 そう話すのは、味香り戦略研究所・研究開発部部長の早坂浩史氏。 同社では、これまでさまざまな食のトレンドを分析してきた。 ここ数年のトレンドとしては、2009年の食べるラー油ブームや、2013年頃に起きたコーヒーの苦味の変化など、辛味や苦味、そして旨味やコクといった比較的「濃い味」の飲食品が話題になることが多かったという。 早坂氏によると、レモン系の製品が充実しはじめたのは、2014年以降。 「瀬戸内レモン」「塩レモン」といった、レモンを全面に推し出した商品が並ぶようになると、2018年にはレモンサワーブームがはじまり、それが今なお続いているのが現状だという。 また、早坂氏は、夏の暑さとともにレモン系製品ブームを後押しした要素として、社会的なストレスの積み重ねをあげる。 実は、これまでの分析結果から、社会が大きなストレスを抱える状況になると、「苦味」や「酸味」が味覚のトレンドになる傾向があることが分かってきている。私達の身体の生理現象としても、強いストレスは味覚に影響を与えることが知られている。 「一概に、(ブームとしての)味の好みが変わってきたということよりも、ストレスが重なる社会的背景をひっくるめて、世の中が求める味が変わってきたのではないでしょうか?」(早坂氏) こういった背景の中、ここ数年で存在感を発揮しているのが、さっぱりとした酸味や健康的なイメージのある無糖レモン飲料なのかもしれない。

【関連記事】