Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松田優作・美由紀の娘に生まれて…ゆう姫が感じた「私は普通の子」というコンプレックス

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『ANA WORLD AIR CURRENT』(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。7月4日(土)のオンエアでは、アーティスト・松田ゆう姫がゲストに登場。高校時代を過ごしたカナダでの出来事や、松田優作と松田美由紀の娘という芸能一家に生まれたがゆえの苦悩などについて語った。 【画像】松田ゆう姫「人と同じではいけない、と自分に言い聞かせていた」

カナダに留学するも、英語が話せず「みんなサーッといなくなっちゃった」

松田は、2012年からエレクトロニックユニット・Young Juvenile Youthのボーカルとして活動している。今回の放送では、松田が高校時代を過ごしたカナダ生活を振り返った。 松田:カナダの公立高校に3年間通っていました。 葉加瀬:日本じゃなくてカナダの学校を選んだ理由はなんだったんですか? 松田:中学校で3週間のカナダ留学プログラムがあったんです。それがすっごく楽しくて、「また行きたい!」と思ったんです。 葉加瀬:なるほど。だけど3週間と3年間とじゃ感覚が違うと思うんだよね。けっこうな決断だったんじゃない? 松田:そうですね。だけど母親の後押しが大きかったと思います。母親の夢が「留学して英語を話せるようになること」だったので、夢を託されたんでしょうね。 葉加瀬:なるほどねえ。留学前の時点で英語はしゃべれたの? 松田:中学生レベルの英語力でしたね。 葉加瀬:不安はなかったですか? 松田:現地で暮らしだしてから不安になりました(笑)。 葉加瀬:あはは(笑)。 松田:中学までは、わりと派手なグループにいたので、言葉が話せないことでクラスメイトの輪に入れないことに気付いたら、学校に通えなくなっちゃったんです。徐々にしゃべれるようになってから楽しくなりましたね。 葉加瀬:どこの街で暮らしていたの? 松田:ナナイモという場所です。バンクーバーからフェリーで2時間かかる田舎の街でした。 葉加瀬:じゃあ島暮らしだったんだ? 松田:当時はそれが最悪でした(笑)。中学校は新宿にあったので、ギャップが大きかったんです。お店が全部17時に閉まるんですよ。「自然とか知らねえよ!」みたいな(笑)。 葉加瀬:そうだよね。15歳ぐらいの子にとっては自然ってそこまで魅力にならないもんなあ。学校は世界中からいろんな子が集まっていたの? 松田:ううん。完全に公立高校で、幼稚園ぐらいから一緒の人たちばかりで、コミュニティがすでにできあがってるんですよ。当時は日本人のクラスメイトも何人かいたけれど、「留学しているのに日本人と交流したくない」ってプライドがあったので、頑張ったんですけど(笑)。 葉加瀬:(笑)。そうか、カナダでもモントリオールやトロントにいるならいろんな人種がワーッといるだろうけど、そうじゃないよね。 松田:そうなんです。留学当初は「東京から来たの?」と持て囃されるけど、会話ができないって知ると、みんなサーッといなくなっちゃったんです。ランチタイムも「教室でとる」と決まっているわけじゃないから、ひとりでトイレで食べようかな……と思ってしまうくらい。そのくらいつらい時代ではありましたけど、電子辞書を片手に友だちが言ったことを調べて、とにかく英語を勉強しましたね。

【関連記事】