Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“開久対談”鈴木伸之×磯村勇斗「次はギャグパートもやりたい!」<今日俺連載その11>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

2018年のヒットドラマを映画化した「今日から俺は!!劇場版」が公開中。卑怯だけどケンカは強い金髪の三橋貴志(賀来賢人)と、三橋の相棒でツンツン頭の伊藤真司(伊藤健太郎)の最強のライバルとして登場する、開久(あけひさ)高校の元番長・片桐智司(鈴木伸之)と元ナンバー2の相良猛(磯村勇斗)。 【写真を見る】クールでかっこいい!開久の“サトサガ”コンビ “サトサガ”と呼ばれ、人気のコンビを演じる鈴木&磯村に、ドラマで初めて経験した福田組の現場や公開中の劇場版の見どころを聞きました。 ■ 三橋を作り上げたのは改めてすごいと思います ――1年ぶりの撮影でしたが、役にはすぐには入れましたか? 鈴木「1年ぶりという感じはせずにスッと役に入れました」 磯村「段取りをやっている内に『こうだった!』と思い出して。賀来さんらギャグパートがある人たちは勘を取り戻すのが大変そうですが、僕らはね…(笑)。それにしてもあのギャグパートはすごいですよ。あれだけ面白いことを生むには熱量が必要ですから」 ――賀来さんの演技を間近でご覧になっていかがでしたか? 磯村「本当に頭の回転が速い方です。あれだけのアドリブというかネタをその場でポンポンと出していくというのは、普通はできない。そしてそれを継続的に出していくにはかなりエネルギーが必要です。やっぱりすごい俳優だなと感じました」 鈴木「連続ドラマは放送が始まる前に全て撮り終えていたので、ドラマ撮影時はかなりプレッシャーがあったと思うんですよ。不安もたくさんあっただろうし…。その中であの三橋を作り上げたのは改めてすごいと思います。そしてそれができたのは賀来さんだからと。なかなか普通の人はできないですよ」 磯村「座長としてもやりやすい現場を作ってくれたよね。多くは言わないけど、みんなが好きなことを自由にできる現場で。あと印象に残っているのは、出演者がみんな同じ方向を見ているところ。作品に対する思いや勢いが一致団結されていたのを感じました。それは映画になっても変わらなくて…。逆に新しいメンバーが増えたので、新しい風もプラスして“今日俺”を盛り上げていく!という感じでした」 ■ 台本には1行しかないのに、気づけば5分10分… ――お二人はギャグパートをやりたいと思わなかったですか? 磯村「実は最初は二人ともやりたいと言っていて…。福田(雄一)監督にも話したんですが、シリアスを徹底してほしいと言われたんですよ」 鈴木「ドラマの初日に『開久はとにかくマジメにやってほしい。シリアス担当だから』と言葉をもらったのを覚えている。僕はそういう役割なんだって。でもちょいちょい引っ張られそうなときもあったけど(笑)」 磯村「(佐藤)二朗さんとムロ(ツヨシ)さんとのシーンでしょ」 鈴木「そう。台本には1行しかないのに、気づけば5分10分一人で話していて。途中で台本を思い浮かべて、あれ?1行だったな…と確認したり、これは絶対に使われないだろうなという思いが交差したりともうちょっとしたパニック。で、話を聞いているとよく分からなくてすごく笑える(笑)。あれはズルいし、ツラかった」 ――お二人の印象に残っているシーンはありますか? 鈴木「これはアドリブだと思うんですが、二朗さんと理子ちゃん(清野菜名)のシーンで、『昔、開久の番長にワンパンでやられたんだよ』というやり取りがあって。ドラマのワンシーンを思い出してくれてそれここで入れたのか!と密かにうれしかった」 磯村「確かに。あれ、相当根に持っているのかな?」 鈴木「それだとしてもいいよ。なんかつながっていると感じた(笑)」 磯村「やっぱり台本から読めないのがこの作品の面白いところだよね。そして出演者が個性豊かでエネルギッシュ。よくこれがひとつの作品にまとまるなっていつも思っちゃう。さすが福田監督だなと」 ■ 福田監督は役者を自然と誘導して導いている ――“今日俺”で初の福田組だったお二人ですが、福田組の印象はいかがでしたか? 磯村「自由でしたね。ある程度、福田監督の中で思い描いているものがあるとは思うのですが、それを押し付けたりはしないで役者に自由にやらせているイメージ。でも、実はその自分の中に思い描いているものに自然と誘導して導いている…。何だか仏さんみたいな感じでした。やっている側も自然と導かれているので、すごくやりやすいし楽しいです。そして、いつもニコニコして見てくれているのもありがたい。カットがかかって監督の笑顔が見られたら、俳優は安心できますから」 鈴木「僕はすごく楽しかったですね。福田組といえば僕の中ではコメディーのイメージが強くて。最初はどうやって演じようと不安がありましたが、それは監督に「圧倒的シリアスで」と言われたことで解消できて。そうはっきり言って下さったのはありがたかったです。あと、現場が楽しい! カットされて使われていないところもたくさんあるんですが、みんなのアドリブが面白くて。また参加したいです」 ――次はギャグ多めはいかがですか? 鈴木「ぜひ。今回はマジメだったので」 磯村「確かに! ダルダルな感じの2人も面白そう。ノブ(鈴木)はボケなのかな?」 鈴木「そりゃボケでしょ」 磯村「そうだよな。この体型でツッコミされたらもう凶器だから(笑)。バーンって吹っ飛んでいくよ」 鈴木「勇斗はどっちも持っているよね。ボケでもあるしツッコミである」 磯村「ノブといるときは割とツッコんでいるかな?」 鈴木「器用だよね」 ――最後に、映画版は柳楽優弥さん演じる柳や栄信さん演じる大嶽ら極悪なメンバーが在籍する北根壊(ほくねい)高校との大バトルがありますが、見どころを教えてください! 磯村「柳や大嶽、そして森川涼子(山本舞香)らがいいスパイスとして入っていて、映画らしい壮大な雰囲気になっています」 鈴木「北根壊の極悪メンバーが盛り上げてくれるので、ドラマ以上にアクションもパワーアップしています」 磯村「開久としては、ワルでずっと頑張ってきているのでここでは負けられません。そんな必死な姿も見てもらいたいです」 鈴木「もちろん笑いの分もかなり面白くなっているので注目してください。かなり中身の濃い2時間。楽しんでもらいたいです!」(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

【関連記事】