Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴスペラーズ・安岡優が無意味で面白い!? 最高のパフォーマンスを披露!【ソロライヴレポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

目と耳で余韻を楽しむ“言葉”をテーマにしたライヴに!

ゴスペラーズの安岡優が、9月14日(月)に『安岡 優 ソロライヴ2020 “お兄さんと一生!?”』を東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催した。ソーシャルディスタンスを遵守した中で観客を入れ、同時に配信ライブも行うというこの日のスタイルは、安岡自身にとっても、グループにとっても初の試みであった。 ●目と耳で余韻を楽しむ“言葉”をテーマにしたライヴに! 19時30分。開演と同時に配信もスタート。抒情的なメロディーが流れる中、安岡 優がステージに姿を現す。オープニングを飾ったのはロックバラード「Your Hero」だった。安岡が作詩(山田ひろしとの共作)・作曲を手掛けた、ゴスペラーズのナンバーである。曲中の<誰より側で守りたい><世界も救えないし、空も飛べないけれど、>というフレーズが、誰もが抱える“先の見えない不安”という日常の闇に、小さな光を灯した気がした。 「皆さんこんばんは、安岡 優です」と挨拶。これまでの配信ライブに触れながら、会場にいる観客の拍手が本当に力になったと振り返った。そして「配信をご覧の皆さんにとっては(会場の)皆さんの拍手の音もライヴの一部となります。どうぞよろしくお願いします」と続けた。さらに、ライブ配信を鑑賞している皆さんにも楽しんでもらうため、歌詩をテロップで流します、会場にはスクリーンで出しますと説明した後、こう締め括った。 「歌詩を見て歌を聴くと、目に余韻が残る。配信を観ている皆さんには、目と耳で余韻を楽しんでください。今夜は“言葉”をテーマにしたライヴです。最後までどうぞよろしくお願いします」 スツールに座り2曲披露した後「さあ、忙しくなりますよ、この曲は」と、アイドルグループ・アンジュルムに歌詩を提供した「カクゴして!」を披露。 ダンサブルなアップチューンを長いジャケットの裾を翻し歌い始めた安岡。歌詩の中には“満場一致”や“命がけ”など“ハロプロらしい”と思わせる言葉もあり、作詩家の一面を感じる1曲だった。エンディングの<カクゴして!>という決め台詞では、カメラ目線でウィンク&指ピストルでバキューン、というアイドル顔負けのパフォーマンスを見せた。 ●中盤は無意味で面白い!? 最高峰のパフォーマンスで盛り上げる! 中盤。画面がライブ映像から、テレビ画面のような映像に切り替わる。このライヴ用に作った映像をダイレクトに配信しているようだ。物語が始まる。「バベルの塔」を引用した序章。安岡らしい、海外文学の流れを感じる短い物語。バックには絵本のようなバベルの塔。文字と一緒に、言葉の響きが流れていく。会場ではおそらくスクリーンに同じ映像が流れているのだろう。映像は、ドキュメンタリー風な演出へ。質問が出て、消えた瞬間に、画面はステージ上に切り替わった。スツールに1人腰かけているのは、俳優・田中聡元氏。 田中氏による1人芝居。彼が質問に答えていく形で、ストーリーは展開していく。彼は、とあるアイドルのマネージャー。ずっと本物のアイドルを探していた。「そしたら、出逢っちゃったんですよ、地球外生命体に?」という台詞から、ミラーボール星から来たという兄弟デュオTHE☆FUNKSのステージへ。7曲目「パンツ☆メリハリ」では、歌いながら、ひたすら衣装の上から下着パンツを履き続け、その後脱いでいくという、無意味で面白いという意味では最高峰のパフォーマンスで空間と映像を盛り上げる。会場は心の中で阿鼻叫喚(想像)、コメント欄には爆笑の絵文字が溢れた。リアルで配信していいのか、そのギリギリにチャレンジしたこのカオスをまとめたのは、安岡 優にそっくりと言われる兄のドリー・D(ダイヤ☆モンド)・ファンク・ジュニアだった。

【関連記事】

最終更新:
ぴあ