Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTok米国事業 オラクルに売却か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

トランプ大統領が安全保障上の脅威と指摘している中国系のアプリ「TikTok」のアメリカ国内事業の売却交渉で、IT企業のオラクルが選ばれたと報じられました。 TikTokのアメリカ国内事業をめぐっては、オラクルのほか、マイクロソフトとも売却交渉が行われていましたが、13日、オラクルが選ばれたと複数のアメリカメディアが報じました。 「信頼できる技術パートナー」として選ばれたということですが、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「完全売却という形にならない可能性が高い」と伝えています。 TikTokをめぐっては、トランプ政権が利用者の個人情報が中国政府に流出する可能性を指摘し、今月15日までに売却交渉がまとまらなければ、国内での利用を禁止するとしていました。

【関連記事】