Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゲーミング棒ことCORSAIR社製のLEDライトタワー「iCUE LT100」シリーズが国内販売決定。42センチの棒に46個のLEDライトを配置した変わり種ゲーミングアイテム

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
電ファミニコゲーマー

 株式会社アスクは、CORSAIR社製のLEDライトタワー「iCUE LT100」シリーズの2製品を国内でも9月19日(土)から販売すると発表した。以前お伝えした「ゲーミング棒」が国内でも購入できる(参考記事)。 【この記事に関連するほかの画像を見る】  iCUE LT100は台座から46個のLEDが配列された高さ約42センチの棒が垂直に伸びている商品で、パソコン周りをゲーミングライトアップしてくれる。  気になる価格は、2本のタワーとヘッドセットホルダーが付属しPCとコンセントに接続するスターターキットが1万7000円前後、追加のタワーが7970円前後となる。  「iCUE LT100」シリーズは、CORSAIRの統合管理ソフトウェア「iCUE」を使ってさまざまな光を演出するライトタワーだ。設定次第でゲームや音楽にあわせてダイナミックに明滅し、ほかのiCUE対応ハードウェアと同期したライティングも楽しめる。スターターキットと追加のタワーで合計4本まで接続可能。正面だけでなく、壁に向ければ間接照明としてゲーミングライトを堪能できる。  ヘッドセットホルダーはヘッドセットを掛けるだけでなく、工夫次第でいろいろな使い方ができるだろう。わざわざこういった商品を買うなら机の上はゲーミングアイテムでいっぱいのはずだ。マウスのコードを引っかけるなど、ほかにも利用できるはずだ。  昨今の情勢では少し難しいが、日本でも人気が高まっているLANパーティで使えば大いに目立つだろう。海外からの輸入はハードルが高いが、国内でも買えるのであればハードルはさがる。  部屋や会場をゲーミングカラーに染めたいという方は購入を検討してみてはいかがだろうか。 ライター/古嶋誉幸

電ファミニコゲーマー:古嶋誉幸

【関連記事】