Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“阪神クラスター”発生でも試合強行 球界が背負う「五輪開催」の十字架

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 またお騒がせだ。25日、糸原、岩貞ら5選手とチームスタッフ2人の計7人がコロナに感染したと発表した阪神である。 ■球団の制限を超える8人で食事  阪神では3月末、藤浪ら3選手がコロナに感染したが、今度は“クラスター”。阪神OBが言う。 「大半の球団が遠征先での外食を禁止する中、阪神ナインは名古屋遠征時の9月19日に三々五々、外食に出かけた。球団は広島と名古屋の遠征時、指定日に限って球団関係者や家族と4人以内、2時間の制限付きで外食を許可。それが感染の一因になっただけでなく、糸原や福留らは制限を超える8人で食事していたのだから、球団の管理責任も問われます」  阪神の谷本本部長は「非常に由々しき事態。私のミスジャッジ」と陳謝。急きょ、陽性者に加えて濃厚接触者と会食に参加した10選手の登録を抹消、藤浪ら二軍の9選手を東京に招集し、総勢19選手の一、二軍の入れ替えを行った。当然、神宮でのヤクルト戦は中止になると思われたが、NPBは臨時実行委員会を開き、「保健所の指示を受けながら、シーズン全120試合消化を目指すことを確認した」(セ・リーグの杵渕統括)とし、試合は強行された。一般のイベントなら、7人もの感染者が出れば、あらゆる事態を考慮して中止や延期になっていただろう。 「でも、プロ野球は簡単に中止できない。来年の東京五輪の開催可否に影響しますから」とは、NPBの関係筋だ。去る24日、国際オリンピック委員会(IOC)と組織委による調整委員会後にIOCのバッハ会長は、「スポーツは着実に復活している。安全かつ安心な大会を開催できる。たとえワクチンがなくても、ということだ」と言及。NPBの斉藤コミッショナーは9月19日からの観客動員の制限緩和(上限50%)に関し、東京五輪開催に向けたモデルケースになると、強調した。 「コロナ禍での五輪開催に世界中のアスリートや関係者が懸念する中、プロ野球やJリーグを滞りなく開催することは東京五輪が開催できる根拠の一つになる。まして、今は調整委員会のさなか。中止にしたら、これに水を差すことになります」(前出の関係筋)  重い十字架を背負わされたプロ野球。無理をした結果、球界に感染が拡大しなければいいが。

【関連記事】